国内大手金融グループのSBIグループに属するSBIリスタ少額短期保険は、Resta(リスタ)という地震補償保険を扱っている少額短期保険会社です。Restaに加入していれば、地震の際の家財の補償が可能です。

地震保険と似たような商品となりますが、こちらは火災保険とセットでなくても加入できるほか、既に地震保険に入っていても加入することができます。建物の構造や地域によっても異なりますが、保険料が月1,210円~と抑えられています。更に年払いだけではなく月払いにも対応しています。

Restaと地震保険を併用できるということは前述の通りですが、地震保険に加入するためには火災保険が必要です。

SBIリスタ少額短期保険では火災保険の扱いはありませんので、地震保険と併用したいという場合には、どこか他の損保が提供している火災保険にも加入する必要があります。

「Resta」の補償内容

Restaでは金額別に「300万円・500万円・600万円・700万円・900万円」の5プランが用意されています。

免責金額はなしで、保険期間は1年です。払い込み方法は月払いまたは年払いで、口座振替とクレジットカード払いから選択できます。

基本補償

地震補償保険ですので、以下の各基本補償には「地震による」という条件が付きます。

倒壊 火災
地崩れ・土砂災害 津波・流出
地盤沈下・液状化 噴石災害

保険金

Restaの保険金一覧表です。全壊・大規模半壊・半壊という3つの条件に応じて、異なる金額の保険金が支払われる仕組みとなっています。

被害認定 支払基準 300万円
タイプ
500万円
タイプ
600万円
タイプ
700万円
タイプ
900万円
タイプ
全壊 保険金額の満額 300万円 500万円 600万円 700万円 900万円
大規模半壊 全壊の場合の1/2 150万円 250万円 300万円 350万円 450万円
半壊 全壊の場合の1/6 50万円 83.3万円 100万円 116.7万円 150万円

口コミ・評判

一戸建て

●●この話をすると「珍しいね」と言われることが多いのですが、うちでは火災保険とは別に地震補償保険(Resta)というものに加入しています。一般的な地震保険とよく間違われますが、この地震補償保険というのはSBI少額短期保険が扱っている保険で、結構お手頃価格で加入することができ、気に入っています。

今の家を買ったときには地震保険には入りませんでした。火災保険だけでも結構な出費になってしまい、地震保険まで付ける余裕がなかったからです。その後の住宅ローンの返済ですら一時期は結構大変だったので、この選択は正解だったと思います。

ただ、地震があちらこちらで発生している中、地震に対する補償が何もないというのは、正直なところ不安ではありました。そんな時に広告で目にしたのが、地震補償保険でした。確か、当時はSBIではない他の会社が販売していたと思います。

地震保険よりも安く加入できて、それでいて地震保険と同様に地震の補償を受けられるのですから、大満足でした。もちろん地震が来ないのが一番ですが、もし何らかの被害があったとしても、ある程度は補償されるので、安心しています。

●●友達が加入しているという話を聞いて、私も加入することにしました。

もともと東京海上日動の火災保険と地震保険に加入していたのですが、地震保険は火災保険の保険金額の50%までしか補償されないということが気がかりでした。これは東京海上日動だからということではなく、どの損保でも50%と決められています。

そんな時にRestaのことを知りました。Restaは地震保険に加入していても、更に二重で地震への保険をかけることができるので、とても気に入っています。

せっかく頑張って建てた夢のマイホームが地震で無くなってしまうのは嫌ですので、一般の地震保険とRestaとで、しっかりと地震に対する保険をかけています。

●●我が家では地震保険の代わりに地震補償保険というものに入っています。金融グループでお馴染みのSBIグループに属しているSBIリスタ少額短期保険という会社が販売していて、商品名は「Resta」と言います。

1年ごとの更新なので融通が利きやすいですし、保険料も月払いでOKなので、家計への負担も少なくて助かっています。

もともと火災保険を長期契約していて、保険料は住宅ローンに含まれるという形を採っていました。このときは地震保険にまで加入すると保険料がもっと高くなってしまうと思い、地震保険には加入しなかったのです。

しかし、2011年の東日本大震災を機に考え方が変わり、やはり地震保険が必要だろうと思うようになりました。それで一般的な地震保険に入ろうかと思い、色々とインターネットで情報収集をしていたのですが、その時に見つけたのがRestaでした。

ネット上で簡単に資料請求ができましたので、資料を取り寄せ、その中身をちゃんと読みました。そしてRestaに加入することを決めたのです。

まだRestaを使うような場面にはなっていませんが、これで地震の補償も受けられるようになりましたので、万が一のことがあっても、経済的にはなんとか耐えられそうです。

●●保険料の安さに惹かれてSBI損保の自動車保険に入っているのですが、そちらからダイレクトメールが届いたことがきっかけで、SBIリスタ少額短期保険が独自で提供している地震補償保険のRestaに入っています。

以前から大手損保の火災保険と地震保険に入っていましたが、Restaを調べているうちに「地震保険は火災保険料の最大50%までしか補償を受けられない」という事実を知り、割と地震の多い地域に住んでいるということもあって、地震保険と併用することができるRestaに加入することを決めたのです。

幸いなことに、地震保険もRestaもまだ適用されたことはありませんが、またいつ東日本大震災のような大地震に襲われるかも分かりませんので、備えあれば憂いなしという諺の通り、しっかりと備えをしておこうと思っています。

●●私は東京海上日動の火災保険と地震保険に入っていますが、現在SBIリスタ少額短期保険のRestaという地震補償保険に加入するかどうかの検討をしています。

と言うのも、我が家は比較的大きな揺れを伴う地震がよく発生する地域で、普通の地震保険だけだと補償が足りるかどうか不安に感じているからです。

ご存じの方も多いかと思いますが、地震保険は火災保険の保険金額の半分までしか補償されません。つまり、全壊などで住宅を失うと、再び家を建てるための資金として、地震保険の保険金だけでは足りなくなる可能性がとても高いということです。

そこで私が今検討しているのが前述のRestaです。要は地震保険を二重にかけることができるという保険商品で、もちろん保険料はかかりますが、地震が起きた際の補償をしっかりと受けられるという点が魅力となっています。

まだ検討段階ではありますが、おそらく近いうちに申し込みをすると思います。

分譲マンション

●●いわゆる国の地震保険に上乗せして入れると聞き、興味を持ってインターネットで検索してみたのが加入のきっかけです。保険料もお手頃でしたので、すぐに資料請求をすることにしました。

東日本大震災の後で、これまで以上に地震に対する備えが必要だなと感じていたということも、加入の大きな理由の一つだと思います。

金額は小さいものの、実際に保険金を頂いたこともあります。

ちょっと強めの地震かなという程の揺れでしたが、Restaの方から電話連絡が入り、簡単なヒアリングのようなものを受けました。その対応の早さは素晴らしかったと思います。

また、支払いも教えて頂いたとおりのスケジュールで、スムーズに受け取ることができました。

【累計利用者5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!