共栄火災

更新日:2018年12月9日

損害保険業界の中堅企業として知られる共栄火災では「安心あっとホーム」という火災保険を販売しています。単純に火災による被害だけを補償対象としている訳ではなく、その他の様々な被害も対象となっている総合保険です。

戸建プランとマンションプランという2つのプランが用意されていて、どちらも補償対象をいくつかの型の中から選ぶことができます。

当然と言えば当然なのですが、対象を広くすればするほど保険料が高くなり、狭くすればするほど安くなります。

また、前述の商品の他に「すまいるリビング」という商品も扱っています。こちらは賃貸住宅入居者向けの火災保険です。

マンションやアパートなどといった賃貸住宅でも火災保険は欠かせませんので、ちゃんと加入するようにしましょう。

「安心あっとホーム」にも「すまいるリビング」にも地震保険が付帯可能です。補償の内容や被害程度の診断などに関しては他社の地震保険と全く違いはありません。戸建てにお住まいの方には特に大事な保険と言えます。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

目次

共栄火災の火災保険と地震保険についてまとめてみました。

  1. 「安心あっとホーム」の補償内容
  2. 口コミと評判
  3. まずは一括見積もりで保険料を比べてみましょう!

「安心あっとホーム」の補償内容

安心あっとホームには以下のプランが用意されています。

  • 戸建プラン1型
  • 戸建プラン2型
  • 戸建プラン3型
  • 戸建プラン4型
  • マンションプラン1型
  • マンションプラン2型
  • マンションプラン3型
  • マンションプラン4型
  • マンションプラン5型
  • マンションプラン6型

免責金額は「なし・1万円・3万円・5万円・10万円」から選択。

保険期間は1~10年で、払い込み方法は一括払・分割払・長期月払・長期年払・長期一括払のいずれかを選択できます。

支払い方法は口座振替・クレジットカード・コンビニ払いのいずれかとなっています。

基本補償

戸建プランもマンションプランも、補償が充実している1型と2型がおすすめです。また、マンションプラン限定ではありますが、5型と6型も補償範囲がしっかりとしています。

災害 プラン
火災 落雷 破裂・爆発 全プラン
風災(竜巻 台風など) 雪災 雹災 全プラン
水災(洪水 床上浸水・床下浸水など) 1型・2型・3型
水漏れ 物体の落下・飛来・衝突 1型・2型・5型・6型
盗難 騒擾 1型・2型・5型・6型
破損・汚損 1型・5型

費用補償

特別費用保険金のみ選択制となっていますが、その他の費用補償はどのプランを選んでも同一です。

費用補償 プラン
地震火災費用保険金 全プラン
残存物取片づけ費用保険金 全プラン
水道管修理費用保険金 全プラン
特別費用保険金 全プラン(選択可)

オプション特約

安心あっとホームには様々な特約が用意されていますが、個人賠償責任特約は自転車事故などにも使うことができ、非常に重要性が高いことから、特におすすめです。

特約 説明
個人賠償責任特約(国内のみ示談サービス付) 日常生活上の賠償責任が心配な方へ
携行品損害特約(自己負担額1万円) 持ち出した家財の損害などが心配な方へ
類焼損害特約 ご近所付き合いを円滑にするために
庭木修復費用特約 大切な庭木への補償に
ドアロック交換費用特約 まさかの時の防犯対策に
建物電気的・機械的事故特約 オール電化住宅などにおすすめ
施設賠償責任特約 業務上の賠償責任が心配な方へ
家賃収入特約 大家さんへ
営業用什器・備品等損害特約 事務所・店舗等を併設されている方へ

住宅関連サービス

1型または5型の契約者のみ「住まいの助っ人くん」を利用できます。

水まわりのトラブル カギのトラブル

口コミと評判

一戸建て

●●トイレの洗浄用の水道から水ポタがあり、まずはバケツなどを置いて応急処置をしました。

トイレは一番重要と言っても過言ではない場所ですが、他にも家の中で直さないといけない場所があったため、トイレは便器やパッキンを変えれば良いくらいだろうと高を括っていました。

しかし、業者に連絡を取ると、トイレ自体の問題があり、丸ごと改修が必要だと言われ、「保険会社に相談するといい」とアドバイスを貰いました。連絡を取ると、気付かなかったのですが、水害などに該当するとのこと。

「いつから症状があったのか?」など、相談を重ね、業者の見積もりや、現状写真などを送り、「最近初めて気が付いた」ということで、保険の手続きをしてもらえました。

決して安くない金額なので大助かりでした。工事をしてくれた業者にも感謝ですね。今回は完全に甘く見ていたので、いい教訓になりました。

自宅を購入して約10年、今まで「掛け捨て」でしかなかった火災保険ですが、初めて役に立ちました。一時は保険料もバカにならないので止めようかとも思ったけど、やはり必要な物だと実感しました。

真摯に対応してもらえ、あまり余裕のない我が家にとっては非常にありがたかったです。保険に入っていなければ、自腹では修復不可能だったかもしれません。

●●我が家の場合、火災保険は家を建てたときに住宅ローンの年数分だけ入り、掛け金も一括で全部払い込んでいます。

保険金額は2,400万円で、掛け金は149,000円でした。ですから火災保険については、加入以来特に心配したことはありません。

現在の家には9年住んでいますが、地域のつながりもしっかりしており、防災対策にも力を入れているので、9年間1度もこの地域で火災が起きたことはありません。一人暮らしのお年寄りにも近所で声をかけて、気を付け合うようにしています。

地震保険にも入っていて、こちらは1年ごとに更新しています。保険金額は730万円で、掛け金は年に1万円ちょっとです。

この金額で適切なのかどうかよくわかりませんが、ある程度は入っておいたほうが安心だからというお守りのような気持ちで入り続けています。

うちは海から遠いので津波の心配は無いし、山や丘でもない平地に家が建っているので、地震による被害はそう大きくないのではないかと思っています。

しかし、地震保険にまったく入っていないというのでは心配なので、これからも月1万円程度のものには入り続けるつもりでいます。

●●戸建てを購入したことで、火災保険加入しました。水害などのオプションをつけるとどんどん金額が跳ね上がっていったので、最低限にとどめました。

保険のきく範囲としてはかなり小さく、最低限の補償のみにはなりますが、金額としては他社と比べるとだいぶ安かったので、「とりあえず入っておかないと」という軽い気持ちの方には向いているかと思います。

しかし、しっかりとした補償を希望される方は、オプションで対応してもらえますが、金額がかなり跳ね上がることを覚悟しておいた方がいいかと思います。

家財保険についても検討したのですが、補償してくれる範囲がとても狭く、また、細かく一点ずつの補償でなく、ざっくりとしたもので、年度劣化で補償される金額が減る可能性もあるとのことでしたので、家財保険には入りませんでした。

▲▲2004年に建売住宅を購入しました。住宅ローンを組む時にほぼ強制的に借入先の金融機関から、火災保険への加入を勧められました。

私は、今まで火災保険に入った経験が無かったので、ローンを組む時には、火災保険へ加入する必要がある事を知りませんでした。

担当の営業マンに勧められるままに火災保険を組みました。

その時、地震保険の加入もあわせて勧められましたが「後からでも入る事が出来る」と聞きましたので、地震保険はとりあえず必要と思った時に加入する事にしました。

保険を組んだ後に気がついたのですが、自分で火災保険を調べれば、もっと手頃な保険会社がたくさんありました。

自分たちのニーズや予算にあわせて自由に選べるタイプのものや、時価でなく新価(火災等で自宅が消失した場合、新築時と同様の家を補償してくれるもの)など、レベルの高い保険がたくさんありました。

分譲マンション

●●分譲マンションを購入した際に、火災保険を加入することになって、不動産会社のお勧めで共栄火災保険のマンションプランに加入しました。

保険料が割安というか、その担当者の話しでは「生命保険と違って火災保険の保険料はどこの保険会社でもあまり変わりがない」との話しでした。

こちらとしても保険会社やプランの希望はなかったのですが、今考えると不動産会社にとっては、提携の保険会社に加入してもらうメリットはあったのかもしれません。

加入時点では消極的な理由ではありましたが、マンション火災にあったときに共栄火災にしておいて良かったと思いました。

以前、自動車事故で損保会社を利用したときと比較して、対応が迅速だったので大変助かりました。

焼失した物のどの範囲が補償になるのかも、的確に教えていただきましたし、突然の火災で今後のことなど途方に暮れている自分に、やるべき手続きなどもアドバイスしてもらえました。

付いてもらった担当者の力量にもよると思いますが、一生にそう何度も経験することがない火災事故なので、万が一のときでも安心できる保険会社を選択することが大切なんだと強く感じました。

私の場合はたまたま良い保険会社と契約をしていたことになりますが、火災保険をこれから選択されようとしている方は、商品の特徴と合わせて、事故対応についても比較検討されることをお勧めしたいです。

賃貸住宅

●●賃貸の引越しで火災保険の解約を忘れていて、損したことがありました。火災保険は入るときは不動産屋も強制的に入るようにすすめてきます。自分で入っていれば一つでいいのですが、入っていないと必ずすすめてきます。

しかし、賃貸マンションやアパートを引越して解約するときは、全く不動産屋も親切でないので、「火災保険の解約も忘れずに」の一言もありません。

注意している人でなければ火災保険に入っていることを忘れているか、掛け捨てと勘違いしてそのまま放置していることも多いと思います。

新しい新居に旧居の火災保険の更新のはがきが来た時はしまったと思いました。契約期間を待たずして解約した場合、わずかですが月割りで返金があったようで損したことがありました。

また、知り合いの家が火事になった体験談を聞いたことがあります。

けが人などは出なかったらしいのですが、家財道具や思い出の品はすべて火事でダメになったらしいそうです。特に燃えていなくても家にあったものは火事の煙の匂いで使い物にならなくなったそうです。

着るものもなくなったので、火事を知った多くのまわりの人が、しばらくいろいろと助けてくれて、服や身の回り品を提供してくれるなどして助かったそうです。

体験談を聞いたときはかなりの年月がたっていたので暗い話にはならなかったですが、当時はかなりショックだったのではと思います。

●●火災保険を販売している保険会社の中で、ちょうど中くらいの規模の会社である共栄火災の営業を受けたことがあります。今は検討中なのですが、他の会社と比べて営業のイメージは良いです。

財務状況は安定しているので中規模会社としては安心感もありますし、保険料も安いですから見た目だけで言うならば悪くない会社だと思います。

ただ、保険範囲が狭いのと地震に対する補償が手薄いのが気になります。

最近地震が多いということもあり、地震補償に関してはきちんとしてくれないと困りますから交渉をしているのですが、保険会社の営業マンは「サービスの変更などできません」の一点張りで、半ばあきらめているところです。

営業の教育については他の会社と変わりなく、人によってはラフな格好をしている場合もありますが、スーツを着て、自宅に入れても特に余計なことを一切しませんので、保険のセールスの中では良い方だと思います。

余程教育をされているのか、言葉遣いが物凄く丁寧で、感じの良い所は気に入っています。ただ、保険会社ですからサービス内容が一番重要であることも事実です。

●●集合住宅の三階に住んでいます。段々と子供が大きくなり、行動範囲が広くなってきたので、トイレやお風呂場で水を溢してしまう回数が増えました。

幸いすぐに対処できましたが、これから先、水漏れなどで階下に被害があった時のために、やはり保険は必要だと思い、火災保険に加入することにしました。

色々と保険会社を検討しましたが、正直どこも似たり寄ったりで、どこが良いのか決められず、日頃、車両保険でお世話になっていた共栄火災も火災保険に対応しているとのことで決めました。

保険会社へ行くと、偶然担当の方もいて、火災保険の見積もりを三種類ほど作成してもらいました。

水濡れ補償はどのプランにも付いていたので、特に高額な家財があるわけでもない我が家は、一番安価な保険料を希望しました。それは、家財三百万円まで補償のものでした。

担当の方に、是非付けておいた方がよいとオススメされたプランがあり、それが、万が一火災や水濡れなど何らかの事故があった時に弁護士費用までも負担してくれるプランでした。数百円で追加できるとのことだったので付けてもらいました。

結果、保険料は年に一万円弱。思ったより安く保険に加入できました。担当の方も知っている方だったので安心でした。

▲▲家にいることが多いので、何社の火災保険の営業と話をしたことがあります。サービス内容も似ているのですが、セールスマンに言わせれば全く違うそうなので、その人たちの話を聞きながら検討している段階です。

しつこい営業は私が男だからなのか、特に気にするほどのことでもありませんので、何社でも説明を受けたいと思っています。

その中で共栄火災は財務状況を強調された会社でした。共栄ですから財務状況が良いのは何となくイメージが湧きますが、それと同時にサービスが良くないイメージがありました。

実際、保険内容は全くと言っていいほど理解できません。パンフレットをもらいました。これらしっかりと読めば分かると思いますが、素人では理解できない内容です。たぶん、この辺があまり有名でない理由なのだと思います。

セールスマンに関しては申し分ないくらい丁寧な対応をしますが、保険内容が難しく、それでいて地震に対する保険も弱さを感じます。

そしてやはり、パンフレットの煩雑さは契約する気をなくします。

地震保険

●●東日本大震災で補償を受けました。我が家は宮城県の内陸部で、比較的被害の少ない地域です。家自体も目立ったダメージはなかったため、役場でしていただいた判定は「一部損壊」でした。これは何の補助も無いということです。

この結果を受けて「保険会社にまた見に来てもらっても、給付は受けられないだろう」というのが主人の考えでしたが、私の独断で保険会社の方にも見に来ていただくことにしました。

結果は「半壊」でした。これは契約した給付金の半分の額が支給されるという判定です。

大きく崩れたり傾いたりしていなくても、基礎部分や住宅内部(1階部分のみ)にできたクロスのひび割れなど、1つ1つは小さくても、その合計で半壊の判定になるとのことでした。本当にびっくりしました。

保険給付金はその数日後には振り込んでいただきました。あの大震災の混乱の中で驚くべきスピードだったと思います。大震災に合う確率は一生に一度あるかないかだとは思いますが、我が家では加入していて本当に良かったと思います。

家自体がそのまま住める状態だとしても、大震災後はその影響が生活のあらゆるところに出てきます。我が家の場合は夫の収入が減ったことです。

保険金を給付していただいたおかげで何とか住宅ローンも返済できています。地震保険に加入していなかったら手放すことになっていたと思います。

▲▲東日本大震災の時に連絡を取ったのですが、担当者に繋いでくれず、正直、何年も担当の方の名前しか知らない状態でした(それまでに何人も担当者が変わっています)。

ちなみに、その方が担当になる2人ほど前までは、少なくても新年度もしくは年度末にはきちんと担当の方が挨拶に来られていました。

大地震で被害件数も多かったのか、我が家の状況を見に来てくれるのが「2ヶ月ほど先になります」と最初に言われました。

ところが数日経って突然「数日後伺ってもいいか?」との連絡。言ってることがころころ変わるし、何より担当者からの連絡ではないことが疑問でした。

最終的に家の被害状況を確認に来てくれたのは、共栄火災から依頼を受けた会社の方で、それも説明はなく、あとから担当者に聞いたところ「自分は○○さん(我が家)の担当になっていたことすら、つい最近知った」とのことでした。

会社の中でゴタゴタがあっても、上層部が変わっても、それは顧客には一切関係のないことだと思います。担当が変わっても手紙1枚だけ。挨拶にも来ない、電話もない、こちらから連絡を取っても担当者と話も出来ない。こんな状態では困ります。

また、地震保険の支払いの際、「必要事項を記入の上返信して下さい」との注意事項等が書かれた紙と一緒に、到底一般の私たち(保険の詳細を知らない人)には分からないような「被害の詳細を記入しなければならない書類」やら「家の見取り図を描く書類」やら「写真を添付する書類」などが会社側から一方的に送られてきました。

どうしたらいいのか分からない旨を電話で伝えても「分かる範囲だけ記入して送ってくれればいいですから」と、担当者ではない方からの返答でした。

終わり頃になって、やっと担当者さんと直接お話することとお会いすることが出来ましたが、会社自体の対応としては疑問がたくさん残った感じです。

たまたま、その担当者さんは、とてもきちんと分かりやすく説明をしてくれる方でしたが、今回、その担当者さんが退社されたとの連絡を受けましたので、正直、このままこの会社の保険を続けるか考え中です。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

火災保険の新規契約や見直しをお考えの方には、まず保険料の一括見積もりで比較してみることをおすすめします。

私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

火災保険・住宅ローン・注文住宅などといった住宅関連のプロフェッショナルであるイッカツ社なら、最大で16社もの見積もりを比較することができます。

もちろん無料で使えて、PCでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり