コープ共済では家の保障として「火災共済+自然災害共済」という共済を用意しています。主な保障対象は住宅と家財ですが、それぞれ加入するかしないかを選べるという柔軟性が魅力的です。

例えば、持ち家の方なら住宅も家財も対象にしておくべきですが、借家であれば住宅は対象とせず、家財だけを対象とすることもできます。

ちなみに、当サイトでは「火災保険と火災共済の違い」や「地震共済とは」というページも公開しています。

建物や家財を守るためのものという点では火災保険も火災共済も同じですが、微妙な違いもありますので、ぜひ一度読んでみてください。

「火災共済+自然災害共済」の保障内容

コープ共済では「コープ火災共済」と「火災共済+自然災害共済」という2つのプランを用意しています。保険期間は1年で、払い込み方法は月払と年払から選びます。支払い方法は口座振替のみとなっています。

基本保障

コープ火災共済に自然災害共済を付けたものが「火災共済+自然災害共済」ですので、こちらの方が保障範囲は広くなっています。なお、地震や地震を起因とする火災や津波などの共済金も最高で1800万円まで設定されていますので、一般的な地震保険と比べても遜色はありません。

災害 プラン
火災 落雷 破裂・爆発 全プラン
水漏れ 物体の落下・飛来・衝突 全プラン
風災(竜巻 台風など) 雪災 雹災 全プラン
水災(洪水 床上浸水・床下浸水など) 全プラン
盗難 自然災害共済
地震・津波・噴火 自然災害共済

費用保障

基本的にはコープ火災共済だけでも大部分をカバーできますが、「火災共済+自然災害共済」なら障害費用共済金や付属建物等特別共済金も支払われます。

費用 プラン
付属建物等風水害共済金 全プラン
バルコニー等修繕費用共済金 全プラン
水道管凍結修理費用共済金 全プラン
失火見舞費用共済金 全プラン
漏水見舞費用共済金 全プラン
修理費用共済金 全プラン
住宅災害死亡共済金 全プラン
風呂の空だき見舞金 全プラン
持ち出し家財共済金 全プラン
傷害費用共済金 自然災害共済
付属建物等特別共済金 自然災害共済

オプション特約

「火災共済+自然災害共済」にはもともと付帯されている盗難の保障ですが、コープ傘共済でも特約を付けることによって対応可能です。

特約 説明
類焼損害保障特約 全プラン
借家人賠償責任特約 全プラン
盗難保障特約 火災共済のみ可

口コミと評判

一戸建て

●●嵐の後、冷蔵庫の中の電気が消えていることに気づきました。最初は電球が切れただけだと思っていましたが、だんだん冷えなくなり、冷凍庫の中の食品が明らかに溶け出していました。

毎日使うもので、無いと困るので、さっそく買いに行こうと思っていた矢先、テレビで昨日の雨は凄かったなどと放送されていました。そして、こんな日は各地で停電がおき、で電気製品が壊れる事があると言っていて、保険の話が話題になりました。

そこで、家を購入した時に火災保険と一緒に入っていた事を思い出しました。早速、連絡してみたところ、担当者の方も感じ良く、冷蔵庫だったのですぐ対処してくださり、購入した際の領収書をこれから送る書類に添付して返していただければと教えて頂きました。

すぐに購入して、書類を返したら、全額保険で負担していただけました。

●●生協の火災保険に入っています。手続きが簡単です。私は生協の宅配を使っているので、料金も1万数千円程度です。地震保険はついていません。

毎年、継続するかどうかのお電話があり、継続する旨を伝えると、自動的に口座から引き落とされるシステムです。なんでも手軽なのが私にはあっています。

保険は、災害に会うことなく、使わないで済めばそれに越したことはないですよね。自分の家の状態を見て、それに見合う保険をかけていきたいものです。保険料がかかりすぎると、家計の負担が大きくなります。

周りにあまり住宅がないところの新築などでは、自分が気をつけるだけで、外壁などは十分火災に耐えられるので、保険料も安くて済むように思います。

●●以前入っていた火災保険は、勤務先の会社の子会社が代理店をやっていた火災保険会社でした。あまり火災保険会社は意識していませんでした。代理店が適当に決めていたのでしょう。

確か、損保ジャパン日本興亜でした。住宅ローンを組んだ時に適当に決められたのだと思います。1年に何万円もの請求が来ました。

その後、会社も辞めてからも続けて契約していました。年金生活になってしばらくして、見直してみました。契約してもタオルひとつ持ってきません。こんな商売をしている会社はないだろうと思いました。

あるときカミさんと生協に買い物に行きました。カミさんが買い物をしている間に、中をぶらぶらしていました。そしたら生協が生命保険とか火災保険を募集しているパンフレットが目に入りました。そこでお姉さんに事情を聞いてみました。

私の場合は家財保険を入れても3万円弱とのことでした。今までと比べると1万円も安いのです。そのため今度はこの共済に乗り換えました。保障内容はほとんど変わっていません。大分得をしたと思っています。

●●COOP共済に入った理由は、掛け金が安いことです。普通の保険会社の火災保険などはもちろん営利目的ですが、こちらは共済ですので、みんなで助け合うというコンセプトで運用されています。そのため、一年間運用した後に余ったお金は余剰金として加入者に返ってきます。

例えば、年間2万円払っていても、ある月に余剰金として1万円弱ほど振り込まれてきます。その余剰金を差し引きすると、年間1万ちょっとしか払っていないことになります。すごく安いですよね。

しかも、それで補償内容がよくないかというとそうでもありません。うちはその値段で家が全焼した時に2,500万円ほどが下りるように設定しています。それくらいあれば新築の家が建つと思います。若い方で住宅ローンもあるし保険料にお金をそんなにかけられないという方には、COOP共済の火災共済はとてもオススメですね。

地震保険

●●東日本大震災時の地震により、基礎部分や屋外壁、屋内の天井、壁等に多少の損傷がありました。

震災後、若干落ち着きを取り戻しし、半年以上たってから被害の相談と報告をしたのですが、電話での聞き取りからきちんと対応してくださり、その後、担当者が訪問調査に来ました。

かなり詳細な部分まで見て回り、検査等に多少の時間はかかりました。それは支払い決定をするのだから仕方のないことで、とても丁寧な対応だったと思いました。

調査完了後、割とすぐに申請がおり、給付されました。思った以上に早く入金され、驚きました。保険金で損傷部を修復できました。職場のお付き合いという感じで契約した火災保険と地震保険でしたが、加入していて本当に良かったと思いました。

【累計利用者5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!