あそしあ少額短期保険

更新日:2019年3月14日

あそしあ少額短期保険では「新家財総合保険」という火災保険を扱っています。

賃貸マンションや賃貸アパートにお住まいの方を対象とした保険で、保険期間は1年契約または2年契約となります。当然ながら契約終了後に更新することも可能です。

各種自然災害等による補償はもちろんのこと、個人賠償責任補償や借家人賠償責任補償もしっかりと付いています。

保険の対象が家財のみの商品となりますので、地震保険には加入できません。地震保険に加入するためには他の保険会社の火災保険と契約する必要があります。

なお、地震の被害を補償するという意味では地震補償保険も検討の余地があります。

ネットで簡単申込!火災保険はホームアシスト
楽天損保の火災保険

目次

あそしあ少額短期保険の火災保険についてまとめてみました。

  1. 「新家財総合保険」の補償内容
  2. 口コミと評判
  3. まずは一括見積もりで保険料を比べてみましょう!

「新家財総合保険」の補償内容

新家財総合保険では補償金額別のプランが用意されていますが、補償範囲や補償内容は全て同じです。

免責金額は「なし」で、保険期間は1,2年です。払い込み方法は一括のみとなっていて、口座振替・クレジットカード・払込票払い(コンビニ・ゆうちょ銀行)にて支払います。

基本補償

新家財総合保険の基本補償です。一般的な火災保険や家財保険と比べても、補償範囲は変わりません。

火災 落雷
破裂・爆発 風災(竜巻 台風など)
雪災 雹災
物体の落下・飛来・衝突 水漏れ
盗難 水害(洪水 床上浸水など)
騒じょう 持ち出し家財

費用補償

新家財総合保険の費用補償は4つ設けられています。

持ち出し家財と水害を除く、上記家財補償の事故による借用住宅の損害 凍結による水道管・給湯器・便器の損害
洗面台・便器の破損 窓ガラスの破損

賠償補償

新家財総合保険には、第三者と家主を対象とした賠償責任補償もついています。

個人賠償責任補償 借家人賠償責任補償

オプション特約

特約は2つ用意されていて、どちらも修理時の補償範囲や補償金額に関するものとなっています。

修理費用補償拡大特約 特別修理費用補償

口コミ・評判

賃貸住宅

●●私が冬の時期にアパートに住んでいた頃、水抜きをするのをすっかり忘れてしまい、水道管を凍結させてしまいました。この地域では、冬になるとかなり冷え込むので水抜き作業は必須だということを忘れてしまっていたのです。

保険のパンフレットに、水抜き不良で水道管が凍結した場合は補償の対象になると書いてあったのを思い出し、早速保険会社に連絡をしました。

そして、大家さんにも連絡を入れた所、自分で業者を呼んで構わないという事でしたので、水道業者を調べて連絡をしました。その日の内に業者さんが来てくれたので、保険会社の人に言われた通り、作業している所を写真に収めました。

解凍作業自体は30分ほどで終わり、すぐに水が出るようになりました。請求書は後ほど郵送で頂けるという事でしたので、その請求書のコピーと保険申請書と写真を保険会社へ提出しました。

業者さんへの支払いは割とすぐにしないといけなかったので、一旦私の方で立て替えましたが、すぐに保険会社から解凍にかかった費用が振り込まれました。

こういう時には保険を活用するのがベストではありますが、使いたい時に水が使えないのはやはり不便なので、今後は水抜き作業を忘れずに行おうと思いました。

●●私がアパートに賃貸として入居していた頃、私の不注意でベランダに出る所の窓ガラスを割ってしまいました。急いで管理会社に連絡をした所、その日の内に管理会社の人が来てくれました。

すると家財保険を使えるとの事でしたので、修理代を払う事しか頭に無かった私ですが、その言葉を聞いて落ち着きを取り戻しました。管理会社の人が写真を撮ってくれたり、保険会社の人に代わりに連絡をしてくれたので、すごく助かりました。

二重サッシの内側部分の窓ガラスが割れたことも幸いでした。1枚だけのガラスだと、ブルーシートか何かで隠さないといけない状態になっていましたので、それをせずに済んだことは非常に良かったです。

業者さんが来るまでの間は割れた部分に近づかないようにして過ごしました。数日後に業者さんも来てくれて、すぐに新しいガラスに交換をしてくれました。

そして管理会社の人に事故当時の状況とか、名前などを申請書に書くように言われたので、その申請書と管理会社の人が撮ってくれた写真を添えて保険会社に郵送しました。

費用は管理会社と保険会社の方でやり取りをしてくれたようで、私の方では本当に費用を払う事は無かったです。保険に入ってて良かったと心から思いました。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

火災保険の新規契約や見直しをお考えの方には、まず保険料の一括見積もりで比較してみることをおすすめします。

私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

火災保険・住宅ローンなどといった住宅関連のプロフェッショナルである住宅本舗なら、最大で16社もの見積もりを比較することができます。

もちろん無料で使えて、PCでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 5万人以上が利用!火災保険シェア上位16社から最安比較

右向き矢印 5万人以上が利用する火災保険一括見積もり

火災保険の一括見積もり