アンテナ

更新日:2019年4月12日

常に屋外にあり、そして最も風や積雪などの影響を受けやすいのがアンテナです。台風によってアンテナが曲がってしまったり、雪が積もってアンテナが折れてしまったなどといった際にも、火災保険で補償を受けることができます。

契約中の火災保険に「風災」や「雪災」の補償が含まれていることが条件となりますので、契約中の火災保険を確認してみてください。

なお、アンテナにそれだけの損害が発生している場合、屋根にも何らかの損害が発生していることが少なくありませんので、屋根にも損害はないか、よくチェックするようにしましょう。

【累計利用者5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

目次

  1. 火災保険で補償を受けました!

体験談

AIG損保

●●台風で屋根の上にあるアンテナが倒れて、テレビが見れなくなりました。家屋ではないので、保険の対象外かと思いましたが、問い合わせてみたところ、状況によっては適応できると思うと教えてもらい、保険会社からすぐに書類が送られてきました。そこに詳しい内容が書かれてありました。保険の申請に必要なものは、修理してもらう予定の業者から見積書を書いてもらい保険会社に送付すること、保険会社の人が現地の調査に来るので倒れているアンテナの状況を見せることでした。しかし、私の場合は分かりやすい損害だったので、保険会社の人が来ることは省略されて、代わりにアンテナが倒れている写真を撮影してほしいとのことでした。私は怖くて屋根に登れないので、修理に来てもらった業者の方に写真をお願いして、そのまま修理してもらいました。本当は見積書をもらって、保険会社に送付して保険金がもらえてから修理する流れですが、それまで修理せずにテレビが見れないのは困るので、保険会社に相談したところ、修理が終わってからの請求書の送付でも大丈夫と言われました。私の場合はすぐに修理してもらって、業者に支払いを済ませてから、修理の請求書と写真と保険会社が用意した損害の概要を書いた書類を保険会社に送付しました。後日、全額保険が適用となり自己負担はなくすんでよかったです。保険会社の対応も丁寧で素早かったです。