網戸が破れてしまったり、穴が空いてしまった場合、火災保険で補償することができます。

窓を開けても虫が入らないようにするための網戸は、風や雨などには強いのですが、何かの拍子で圧力がかかると、破れたり穴が空いたりしてしまうこともあります。

よくある事例としては、「躓いて網戸に手を掛けてしまい穴が空いてしまった」「大きめのひょうが降ってきて網戸が破けてしまった」などといった事例が挙げられます。

窓ガラスが割れるよりはまだいいですが、網戸も使えないと不便ですので、網戸が破損した際には保険会社に連絡を入れましょう。

【累計利用者5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

体験談

あいおいニッセイ同和損保

●●家を建てて間もない年の夏場に、夫が窓の近くでコードか何かに足を引っ掛け、転びそうになってしまった時に、網戸になっていることに気づかずに手をかけてしまい、網戸に穴が空いてしまいました。

自分たちで張り替えるしかないかなと思っていたのですが、しばらくして家のアフターメンテの点検でハウスメーカーの方が来たときに、「網戸も保険で直せますよ」ということで対応してもらうことになりました。

我が家は家を建てたときにハウスメーカーが保険の代理店にもなっていたこともあり、あいおいニッセイ同和損保の保険に入っていました。

ハウスメーカーが保険の窓口となって申し込みをしてくれたので、書類などは自分たちで作成したもののスムーズに保険の申請がおりました。自分たちでできないこともないですが、時間や手間を考えると、新しいものに交換できて、楽に済みました。

条件などにもよるとは思いますが、こういうほんのちょっとしたアクシデントにも対応してもらえたのはとても助かりました。

その後も別件ですが、保険を使うことがありました。その時も迅速な対応をしてもらえたので良かったです。

近年、自然災害が多いこともありますし、今後も万が一何か事故など起きた時に頼りになる存在だなと実感しました。

【累計利用者5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!