住宅総合保険

更新日:2019年3月14日

ベーシックな火災保険よりも幅広いリスクに対応することができる「住宅総合保険」という保険をご存じでしょうか。

基本的な仕組みは同様なのですが、住宅総合保険の方が様々な被害をカバーすることができて安心ですので、戸建てや分譲マンションで加入される場合は、ほとんどの方が住宅総合保険を選んでいます。

なお、当サイトおすすめの火災保険の一括見積もりサービスでも、住宅総合保険の見積もりを取ることができます。

【累計利用者5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

目次

  1. 火災保険と地震保険
  2. 住宅総合保険とは火災保険のこと
  3. 賃貸の場合は家財保険
  4. まずは一括見積もりで保険料を比べてみましょう!

火災保険と地震保険

住宅ローンを利用して家を購入した際には、必ず火災保険に入ります。

また、今では賃貸マンションやアパートでも火災保険に大家さんが入っていたり、個人個人で保険を掛けさせられたりします。火事や災害に備えて、火災保険に入ることは今や常識と言えるでしょう。

火災保険にも色々あって、長期の物や短期の物もありますし、建物だけを補償する内容だったり、家財を補償する内容の物もあります。そして、地震保険もあります。

火災保険に入ると、台風などの災害の被害に対しては補償されていますが、地震による被害に対しては別枠なので注意が必要です。地震で家を失ったとしても、地震保険に入っていなければ保険金は一銭も降りてきません。

また、地震保険は住んでいる地域によって金額が異なります。地震の多い地域では保険料が高く、逆に少ない地域は保険料が安く設定されています。

しかし、地震の多い地域の人の方が地震保険は必要性を感じることでしょう。多少高くても、万一に備えて地震保険に入っておくことは大切なことです。

最近は地震が多いですし、普段地震の少ない所でも大きな被害が出ていますから、住んでいる地域に関わらずなるべく入れる人は入った方が良いかと思います。

住宅総合保険とは火災保険のこと

大抵の火災保険は、建物に対する補償と家財に対する補償がセットになった「住宅総合保険」という物になっています。

最近は「火災保険=住宅総合保険」という認識かと思います。住宅総合保険であれば、建物だけではなく家財も補償されるのです。

また、一般の火災保険よりも住宅総合保険の方が幅広いリスクに対応することができます。例えば、外来物の落下・衝突漏水盗難水災などのリスクは、住宅総合保険でないとカバーすることができません。

戸建てや分譲マンションなどを購入される場合は、賃貸住宅よりも投資している金額が大きく、そして家財も総額が大きくなりがちですから、住宅総合保険に加入することは必須と言うことができます。

賃貸の場合は家財保険

賃貸の場合、契約時に火災保険への加入を求められますが、建物部分は最初から大家さんが入っていますので、必要なのは家財の部分(家財保険)だけです。建物部分の補償が必要ないため、保険料も抑えられていて、年間1万円前後で済むことが多いです。

なお、家財の補償を手厚くすることも可能です。補償する金額は自分で決めることもできます。もちろん、金額が高い程、保険料も高くなります。

詳しくは「家財保険とは?家財保険の必要性・メリットデメリット・保険料相場をご紹介」のページを参考にしてみてください。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

火災保険の新規契約や見直しをお考えの方には、まず保険料の一括見積もりで比較してみることをおすすめします。

私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

火災保険・住宅ローンなどといった住宅関連のプロフェッショナルである住宅本舗なら、最大で16社もの見積もりを比較することができます。

もちろん無料で使えて、PCでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 5万人以上が利用!火災保険シェア上位16社から最安比較

右向き矢印 5万人以上が利用する火災保険一括見積もり

火災保険の一括見積もり