ゼネコン一覧

更新日:2017年12月1日

規模の大きな土木工事や建設工事などを請け負う企業のことをゼネコンと言います。ゼネコンとは英語の「General Constractor」を略した言葉で、日本語では総合建設業者などと訳されることもありますが、ほとんどの場合はゼネコンと呼ばれます。そんなゼネコン各社を売上や資産規模で分類してご紹介しているページです。

スーパーゼネコン5社

年間売上高が1兆円を超えるゼネコンのことを「スーパーゼネコン」と言います。他の業界では大手や最大手グループなどと呼ばれる企業と同じ立ち位置ですが、建設業界では次の5社がずば抜けた規模を誇っています。創業からの歴史や施工実績や技術力の高さなど、どれを取ってもまさに「スーパー」な水準にあります。

  • 竹中工務店
  • 鹿島建設
  • 清水建設
  • 大成建設
  • 大林組

竹中工務店

関西を地盤に活躍している竹中工務店は、スーパーゼネコン唯一の非上場企業であります。工事完成高の9割以上が建築で、グループ会社の竹中土木が土木事業をほとんど担っており、分担制を敷いています。

1610年創業とスーパーゼネコンでもとりわけ歴史が長いので、建築実績も公共物からビル、病院、博物館など豊富な実績を持っております。特に学校建設に強く、近畿地方の学校の半数以上は竹中工務店が請け負っています。

神戸市には竹中工務店の歴史と、質の良い大工道具の保管を目的とした竹中大工道具館が開いています。東日本大震災を契機に、天井落下防止技術に力を入れており、音楽ホールや芸術館など、大規模な建造物の対策術について提案を行っております。

法人名 株式会社竹中工務店
法人設立日 1909年5月16日
公式ホームページ http://www.takenaka.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1兆394億3,900万円
総資産(推定) 1兆1,738億9,000万円
社員数(推定) 7,455名
平均年収(推定) 約843万円
平均勤続年数(推定) 約21.7年
本社所在地 大阪府大阪市中央区本町4-1-13

鹿島建設

鹿島建設はスーパーゼネコンの中でも一番の完成工事高を有しており、業界の中でもとりわけ先導している企業であります。スローガンは「100年をつくる会社」です。得意分野は超高層ビルで、フジテレビ本社ビルや霜が関ビルディングなどこれまでに数々の建築物を建ててきました。

鹿島建設は巨大な研究機関も設けており、2008年には自社の旧本社を鹿島アンドダウン工法という世界初の解体技術で取り壊しを実現しました。この解体工法は、ダルマ落としの様に下から順序良く解体する技術で、粉塵の抑制と遮音性に優れる環境配慮型となっています。

また、国の重要文化財の補修工事にも力を入れており、現在は築上から400年の歳月を誇る兵庫県姫路城の保全修理工事を受け持っております。

法人名 鹿島建設株式会社
法人設立日 1930年2月22日
公式ホームページ http://www.kajima.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1兆325億100万円
総資産(推定) 1兆3,562億2,800万円
社員数(推定) 8,164名
平均年収(推定) 約865万円
平均勤続年数(推定) 約19.2年
本社所在地 東京都港区元赤坂1-3-1

清水建設

清水建設はスーパーゼネコンとよばれる大型ゼネコンの一角を支える企業で、病院の建造やLNGタンクの造設など、民間建築物に強みを持ちます。大手のゼネコンではありますが、大型工事だけに特化するという戦略は採っておらず、中小規模の受注も積極的に行なっていることも特徴です。

「子供たちに誇れるしごとを。」をモットーに、持続可能な開発と顧客目線などを経営理念としています。

1804年の創業より歴史的建築物にも関わっており、古くは帝国大学図書館や第一国立銀行など、最近では青山学院大学のキャンパスの建造など、多岐にわたる建築物に情熱と技術を注いでおります。2013年は札幌で有名な時計台の補修工事も行なっており、100年以上の維持に貢献しております。

法人名 清水建設株式会社
法人設立日 1937年8月24日
公式ホームページ http://www.shimz.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1兆1,848億6,400万円
総資産(推定) 1兆1,963億1,200万円
社員数(推定) 1万903名
平均年収(推定) 約864万円
平均勤続年数(推定) 約20.2年
本社所在地 東京都中央区京橋二丁目16番1号

大成建設

スーパーゼネコンの大成建設は他の同一規模のゼネコンと異なり、社員の会社という風潮が濃く表れております。ダムやトンネルや地下鉄などの大規模な土木工事を得意としていますが、他方ではグループ会社のネットワークを活かして一般の戸建住宅への進出もしております。

海外ネットワークの結びつきが強いのも大成建設の特徴です。他国の国家規模のプロジェクトの受注実績も数多く、アラブ首長国連邦では送水管建設を進めるなど、海外事業に積極的に乗り出しております。

技術開発にも余年がなく、2013年10月には既存天井落下防止技術の「T-Ceiling Grid」を開発しました。従来の工法よりも低コストで質の高い技術の実用性を目指しております。

法人名 大成建設株式会社
法人設立日 1917年12月28日
公式ホームページ http://www.taisei.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1兆251億円
総資産(推定) 1兆2,637億2,200万円
社員数(推定) 8,086名
平均年収(推定) 約868万円
平均勤続年数(推定) 約19.7年
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-25-1

大林組

大林組は「時をつくる こころで創る」を合言葉に活躍している1892年創業のスーパーゼネコンの1社です。最近では、東京スカイツリーを竣工したゼネコンとして有名です。2011年に長らく拠点をおいていた大阪から、本店を東京に移しております。

天井崩落システムや制震構造システムなどの建築開発はトップクラスの実績を残しており、物質レベルで分析し新たな建材を開発する研究機関も設けております。

現在は、大阪府で長周期地震動から高層ビルを守る工事を行っており、進捗レポートを自社ホームページで閲覧することができます。免震や環境配慮など、様々な要因と格闘しつつ、着実でスピードある建設を実現するべく、日々改善を進めています。

法人名 株式会社大林組
法人設立日 1936年5月7日
公式ホームページ http://www.obayashi.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 9,636億3,300万円
総資産(推定) 1兆2,610億7,900万円
社員数(推定) 8,305名
平均年収(推定) 約853万円
平均勤続年数(推定) 約20.5年
本社所在地 東京都港区港南2丁目15番2号 品川インターシティB棟

大手ゼネコン7社

年間売上高が3,000億円を超えるゼネコンのことを「大手ゼネコン」と言います。数字だけ見るとスーパーゼネコンの3分の1以下ですが、3,000億円という売上が表しているとおり、社会全体では超大手企業と称されるようなレベルです。土木工事にしても建築工事にしても、その実績は以下の各社のいずれもかなり豊富と言えます。

  • 長谷工コーポレーション
  • 戸田建設
  • 西松建設
  • 五洋建設
  • 前田建設工業
  • 三井住友建設
  • NIPPO

長谷工コーポレーション

長谷工コーポレーションは関東を中心に展開している建築会社・デベロッパーで、マンション建築のは業界トップのシェアを有しています。300世帯を越える大型マンションの建設を得意としており、マンション内にはスーパーや託児所などの共有スペースを積極的に誘致しております。

自社で建設して不動産業を営む事で収益をあげているのですが、最近では住友不動産や三井不動産レジデンシャルなどといった同業他社の大型マンションの施工も受け持っています。

マンションに強みを持つ建築会社だけあって、マンションを管理する組合の皆様へのサポート体制も充実しています。コストを抑えたマンション管理のノウハウや、老朽化による建て替えのガイドラインなど様々なニーズに応えています。

法人名 株式会社長谷工コーポレーション
法人設立日 1946年8月22日
公式ホームページ http://www.haseko.co.jp/hc/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 3680億4,400万円
総資産(推定) 3900億1,200万円
社員数(推定) 2,017名
平均年収(推定) 約717万円
平均勤続年数(推定) 約17.6年
本社所在地 東京都港区芝二丁目32番1号

戸田建設

「病院の戸田」のブランドを持つように、戸田建設は病院・福祉施設の建設ノウハウが同業他社よりも一歩抜きん出ています。歴史的建築物や早稲田大学の講堂などの学術機関の建設も担っており、多様な様式の実績を備えている大手ゼネコンです。

戸田建設の強みはスーパーゼネコンに匹敵する強固な財務体質で、自己資本比率は業界一の数字です。建築に携わっている社員の40%が一級建築士の保有者であり、資格取得の推進と人材レベルの底上げをはかっています。

医療施設の強みを活かすことで、医師や福祉関係者との繋がりを構築し、会社ホームページでは病院システムの経営やハウツーについて、講師の方々がWebセミナーを開催しております。

法人名 戸田建設株式会社
法人設立日 1936年7月10日
公式ホームページ http://www.toda.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 4,573億8,700万円
総資産(推定) 4,599億4,700万円
社員数(推定) 4,110名
平均年収(推定) 約719万円
平均勤続年数(推定) 約19.3年
本社所在地 東京都中央区京橋1丁目7番1号

西松建設

西松建設は公共インフラのダムやトンネルなどの、土木施工に強みを持つ大手ゼネコン会社です。建築物は主に大型案件を請け負っており、イオンモールやサティなどの商業施設を中心に施工を担っております。

また、公共インフラを担う関係から、警察署や市役所などの官公庁の建設シェアも高いです。最近では、広島県の佐伯区役所別館や福岡県の西警察署のなどの建設実績を有しております。

環境保全活動の一環として、ダム造成に伴い発生する伐採材木や流木を、チップ化してのり面緑化に再利用する「e-BESA 根をリサイクル工法」というリサイクル工法を行っております。この工法は、植生生育性の確保や伐採痕の再利用など一石二鳥の役割を担っております。

法人名 西松建設株式会社
法人設立日 1937年9月20日
公式ホームページ http://www.nishimatsu.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 2535億1600万円
総資産(推定) 3105億3600万円
社員数(推定) 2340名
平均年収(推定) 約654万円
平均勤続年数(推定) 約18年
本社所在地 東京都港区虎ノ門一丁目20-10

五洋建設

五洋建設は大型ゼネコンの一角です。シンガポールや香港などのアジアと中心とした海外案件を数多く持っており、過去にはエジプトのスエズ運河改修工事を受注した実績があります。

得意分野は海洋土木で、東日本大震災で被災した防波堤の復旧作業から、洋上風力発電施設の施工まで、独自のノウハウを駆使した大型施設を行なっております。

洋上や湾岸付近の施設建設のソリューション技術は卓越しており、シンガポール国際空港では用地造成を専属で担うなど、その技術や人材は海外でも非常に高い評価を得ています。ホームページではそういった技術やノウハウを素人でも理解できて、かつ内容の濃いコンテンツが数多くあって勉強になります。

法人名 五洋建設株式会社
法人設立日 1950年4月28日
公式ホームページ http://www.penta-ocean.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 3085億7600万円
総資産(推定) 2937億7500万円
社員数(推定) 2391名
平均年収(推定) 約750万円
平均勤続年数(推定) 約20年
本社所在地 東京都文京区後楽二丁目2番8号

前田建設工業

前田建設工業は公共工事を数多く請け負ってきた大手ゼネコンのひとつです。青函トンネルや福岡ドームなど有名な建築物やインフラを構築してきた実績があります。

最近では住宅エンジニアリングやバイオガス事業に進出し、公共工事の割合を分散させております。兵庫県にあるマイカル明石リサイクルセンターでは、複合商業施設から排出された食料廃棄物を再利用してバイオガスを生成し、温水や電気を生み出して再利用しております。

前田建設工業には、ネガティブなゼネコンのイメージ払拭するべく「前田建設ファンタジー営業部」というユニークな部署を立ち上げています。他にも、SFで登場する施設が現実に成った場合はどれほど費用が掛かるか算出を行うなど、仕事内容を一般の人に認知してもらえる作品を制作しています。

法人名 前田建設工業株式会社
法人設立日 1946年11月6日
公式ホームページ http://www.maeda.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 2590億円
総資産(推定) 3170億円
社員数(推定) 2746名
平均年収(推定) 約743万円
平均勤続年数(推定) 約16.8年
本社所在地 東京都千代田区神田猿楽町二丁目8番8号 猿楽町ビル

三井住友建設

三井住友建設は三井・住友グループに所属する唯一の大手ゼネコンです。2003年に三井建設と住友建設が合併して現在の社名になりました。1887年に創業した旧三井建設の源流である西本組の本社ビルは、国の登録有形文化財に指定されています。

お台場のレインボーブリッジや大学キャンパスの造成、アウトレットモールをはじめとした複合商業施設など、幅広く展開しています。

2013年3月には、他社と共同で放射線汚染から草木類を守る除染システムを開発して注目を集めております。このシステムは、汚染している草木類からセシウムが溶出することを従来の100分の1に防ぐことができます。

海外案件はまだ少ないのですが、インドやフィリピンなどのこれから活気ある途上国のインフラを支えるべくにも力を注いでおります。

法人名 三井住友建設株式会社
法人設立日 1941年10月14日
公式ホームページ http://www.smcon.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 2470億3700万円
総資産(推定) 1887億4200万円
社員数(推定) 2,472名
平均年収(推定) 約607万円
平均勤続年数(推定) 約20.9年
本社所在地 東京都中央区佃2-1-6

NIPPO

NIPPOは道路舗装工事では最大手のゼネコン会社で、石油資源企業のJXホールディングスの子会社です。舗装材料のアスファルトの原料である石油生成企業との繋がりが強く、日本のアスファルト舗装の普及を担った第一人者でもあります。

日本のサーキット会場のシェアをほぼ100%占めており、勾配の舗装技術は世界でも屈指のものと言われています。道路舗装が強みですので、国土交通省や各市町村といった官公庁の受注割合が多いことが特徴の一つです。

また、ホームページにはアスファルトやセメントなどの舗装資材や、景観と道路の調和や舗装の修復などについてのノウハウなどが述べられており、NIPPOならではのソリューション技術の一端を見ることができます。

法人名 株式会社NIPPO
法人設立日 1934年2月2日
公式ホームページ http://www.nippo-c.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 2781億5300万円
総資産(推定) 3111億7400万円
社員数(推定) 2123名
平均年収(推定) 約827万円
平均勤続年数(推定) 約18.8年
本社所在地 東京都中央区京橋1-19-11

中堅ゼネコン10社

年間売上高が1,500億円を超えるゼネコンのことを「中堅ゼネコン」と言います。こちらもこれまでの工事実績は文句の付けようがないレベルです。売上が1,500億円未満のゼネコンが多数存在することを考えると、前述のスーパーゼネコンから次の中堅ゼネコンまでの各社は、間違いなく建設業界の一流企業と言えます。

  • 熊谷組
  • 東急建設
  • フジタ
  • 鴻池組
  • 奥村組
  • 安藤ハザマ
  • 東亜建設工業
  • 錢高組
  • 淺沼組
  • 鉄建建設

熊谷組

熊谷組は「トンネルの熊さん」の愛称で業界から認知されているほど、トンネル工事では高い技術力を発揮している中堅ゼネコンです。青函トンネルや関越トンネルなど、国内の主要トンネルはほとんど携わっているほどです。

トンネル以外にも数多くの実績をもっており、世界一速いエレベーターでギネスブックにも登録されている台湾の「台北101」や徳山ダムなどといった大規模な建造物も次々と建てております。

熊谷組は業界NO1の品質保証を目指して、1996年から支店単位で品質保証の見直しを行っております。また、2004年から会社の品質保証システムを一元化して、施工プロセスの進捗状況をより良く疎通できるようにしております。

法人名 株式会社熊谷組
法人設立日 1938年1月6日
公式ホームページ http://www.kumagaigumi.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1,985億3,000万円
総資産(推定) 1,601億2,400万円
社員数(推定) 2,354名
平均年収(推定) 約573万円
平均勤続年数(推定) 約20.1年
本社所在地 東京都新宿区津久戸町2番1号

東急建設

東急建設は高層マンションや大学キャンパスなど多様な建築物を担っている建設企業です。住宅事業では世田谷区の二子玉川の都市開発を行なっております。丸ごと住宅の空調を管理するシステムの「涼暖気候」や、大地震から守る免震構造を生み出して地域生活を支えています。

東京急行電鉄の支援を受けているゼネコンですので、鉄道関係にも強みがあり、エスカレーター設置技術や鉄道の高架橋技術など、自社独自のノウハウを所有しているという強みがあります。

また、トンネル建設のプロフェッショナルですので、大掛かりな建造から微細な傷の調査までさまざまなニーズに応えています。作り出したトンネルの補修工事を一貫したサポート体制でフォローし、ひび割れや空洞などの小さな劣化から守るために尽力しております。

法人名 東急建設株式会社
法人設立日 1946年3月
公式ホームページ http://www.tokyu-cnst.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 2226億8200万円
総資産(推定) 1496億500万円
社員数(推定) 2,446名
平均年収(推定) 約701万円
平均勤続年数(推定) 約20.9年
本社所在地 東京都渋谷区渋谷一丁目16番14号

フジタ

フジタは大和ハウス工業傘下で日本全国で展開している準大手ゼネコン会社です。香港やシンガポールなどのアジア各国にも支店を構えており、日系企業の生産工場や日本領事館などの建設も行なっております。

広島で創業したフジタは2010年には創業100周年を達成しました。それを記念したイベントも多数催されております。また、フジタはサッカーのスポンサーにいち早く乗り出しており、Jリーグが開催された当初から支援を続けてきました。

研究開発は東京の厚木に拠点を設けており、快適な空間創出から耐震補強をはじめとした安全な施設開発を日々進めています。例えば、商業施設に関した研究では、高強度コンクリートを利用した丈夫な施設の維持管理を研究のひとつにしています。

法人名 株式会社フジタ
法人設立日 1937年
公式ホームページ http://www.fujita.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 2761億6800万円
総資産(推定) 1944億円
社員数(推定) 2,238名
平均年収(推定) 約642万円
平均勤続年数(推定) 約20.1年
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目25番2号

鴻池組

鴻池組は、竹中工務店や銭高組と同様に大阪に拠点を置く準大手ゼネコンです。土木工事と建設工事を長年にわたって実績を築き上げてきました。

1871年の創業当初は運輸業と建設業を営んでいまいましたが、1950年頃から建設業を専門で請け負ってきております。21世紀に入るとISO9001,14001の国際規格を取得し、環境マネジメントにも力を入れています。

現在進行形で進めているプロジェクトは、赤十字病院の改修や土壌改良工事など、補修やメンテナンスなどの維持管理に力を入れています。ホームページでは具体的な工事プランや専門的な地図やグラフなども拝見できるので、第一線で活躍している職人の仕事風景を疑似体験することができます。

法人名 株式会社鴻池組
法人設立日 1918年6月
公式ホームページ http://www.konoike.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1775億円
総資産(推定) 1247億7400万円
社員数(推定) 1547名
平均年収(推定) 約700万円
平均勤続年数(推定) 約20.9年
本社所在地 大阪府大阪市北区梅田三丁目4番5号 毎日インテシオ

奥村組

奥村組は道路や鉄道のインフラに強い準大手ゼネコンです。技術に関しますと、日本初の免震マンションを造り上げた免震工法や、コンクリート再利用技術である「リバースコンクリート」など、建築土木の新技術を次々と生み出していており、業界からの評価も高いです。

財務体質にやり玉があがってしまうゼネコン業界のなか、健全な財務体質で堅実に企業経営を行なっている姿勢も評価されています。

また、病院やオフィスの屋上緑化事業やビオトープの創出といった緑を作り出す事業も展開しています。第二次世界大戦で崩壊した通天閣を13年ぶりに再建したエピソードはドキュメント番組で放映されており、奥村組では有名なエピソードのひとつとして知られています。

法人名 株式会社奥村組
法人設立日 1938年3月3日
公式ホームページ http://www.okumuragumi.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1,879億6900万円
総資産(推定) 2,249億200万円
社員数(推定) 1,899名
平均年収(推定) 約693万円
平均勤続年数(推定) 約20.4年
本社所在地 大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目2番2号

安藤ハザマ

安藤ハザマは、2003年に安藤組と間組が資本業務提携を結んだことがきっかけて誕生した会社です。2013年には対等な立場での合併が進められ、新会社となって事業を行っております。病院福祉施設や官公庁の案件、生産工場や橋など多岐にわたる建築土木業務を請け負っています。

アジアや北米を中心とした海外事業も積極的に行っており、ホンダやスズキといった自動車の生産工場を初め、日系企業の海外進出の足がかりとして貢献しています。

安藤組では静岡県の日本盲導犬総合センターの竣工など、間組では津軽ダムの建設や名古屋城本丸御殿の復元工事などを、合併前までそれぞれ請け負っており、合併後は2社の企業ノウハウを活かしたネットワークと技術を活かして、同業他社と差別化をはかっています。

法人名 株式会社安藤・間
法人設立日 1918年3月20日
公式ホームページ http://www.ad-hzm.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 3200億円
総資産(推定) 2400億円
社員数(推定) 3,458名
平均年収(推定) 約643万円
平均勤続年数(推定) 約18.4年
本社所在地 東京都港区赤坂六丁目1番20号

東亜建設工業

東亜建設工業は、実業家の浅野総一郎が界面埋め立ての組合を設立したことが経緯と成って設立に至った建設企業であります。それゆえに、戦後から現在に渡って海洋土木を中心とした事業形態を築いております。戦後は復興の波に乗って、羽田空港の滑走路復旧工事や拡張工事に注力して日本の高度経済成長を支えてまいりました。

経済が活発になると規制緩和の背景と相まって埋立地の需要が爆発的に上昇し、東亜建設工業の強みでもある埋立造成事業が全国規模で広がっていきました。

ホームページでは「海の相談室」という海を愛する理念のもと、海洋建設ノウハウを社会に還元するべく昭和52年から開設されている部署の紹介がされています。計画立案から水産資源との付き合い方まで多様な相談を行うことができます。

法人名 東亜建設工業株式会社
法人設立日 1920年1月23日
公式ホームページ http://www.toa-const.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1504億円
総資産(推定) 1524億円
社員数(推定) 1580名
平均年収(推定) 約715万円
平均勤続年数(推定) 約18.6年
本社所在地 東京都新宿区西新宿三丁目7番1号 新宿パークタワー31階

錢高組

銭高組は関西に拠点を置く中堅ゼネコンで、時代劇の銭形平次の名前の由来となった企業でもあります。創業1705年と中堅ゼネコンの中では歴史が古い部類に入ります。都市部では地上の建築物が飽和している地域も多いのですが、銭高組では地下大規模建設技術を持っており、目的の施設を大胆な間取りで建造することができます。

ヤマザキマザック社のヤマザキマザックオプトニクスフェニックス研究所は銭高組が施工した完全地下研究所のひとつで、精密機械の製造を目的とするためクリーンな空気清浄を得るために地下に建造をした一例であります。また、地下は天候の影響を最小限に抑えるため、設備技術が整えば地上よりも安定した環境が提供できます。

法人名 株式会社錢高組
法人設立日 1931年4月10日
公式ホームページ http://www.zenitaka.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1337億7000万円
総資産(推定) 1503億4900万円
社員数(推定) 1,178名
平均年収(推定) 約581万円
平均勤続年数(推定) 約21.1年
本社所在地 大阪府大阪市西区西本町2-2-11 なにわ筋ツインズウエスト

淺沼組

淺沼組は1892年に個人企業として創設された中堅ゼネコンです。大正時代に大阪に拠点を移してから、官公庁を中心とした建設業務を担っております。

淺沼組のスローガンは「人・都市・自然のシンフォニー」で、環境負荷を低減したものづくりを中心にヒトと自然が共生できる取り組みを推進しています。具体的には3つの環境保全技術をもっています。

ビル緑化システムの「スカイグリーン」や自動的に漏水を検知するシステム、土壌汚染をイオンによって除染する「電気修復法」など、環境問題が多発するであろう将来の需要に応える技術開発に精進しております。最近の建築実績は、京都府警察署や久留米市新庁舎など、官公庁の建築物の評判が高い事が伺えます。

法人名 株式会社淺沼組
法人設立日 1937年6月15日
公式ホームページ http://www.asanuma.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1,195億9,700万円
総資産(推定) 952億800万円
社員数(推定) 1,269名
平均年収(推定) 約645万円
平均勤続年数(推定) 約20.9年
本社所在地 大阪府大阪市天王寺区東高津町12番6号

鉄建建設

鉄建建設はその名の通り鉄道建設に強く、毎年売上の3割近くを占めております。平成19年には建設技術総合センターを開設して、半世紀以上の歴史にわたる交通インフラ創出のノウハウを更に煮詰めるため、屋外研修、屋内研修、研究開発という3つのフィールドを活かしております。

これらのフィールドから「安全、技術、経験」を社員で共有することで優秀な人材の創出に寄与しております。駅全体の新設や改修など、鉄道関連施設にも数ある実績を備えております。

鉄道以外には集合マンションも担っており、シンガポールでは高級住宅街に落ち着いたイメージのコマンドミニアムを建設しております。もちろん、鉄道用の橋梁の改修をインドネシアで行ったりと得意分野の海外進出も行なっています。

法人名 鉄建建設株式会社
法人設立日 1944年2月1日
公式ホームページ http://www.tekken.co.jp/
営業エリア 日本全国
年間売上(推定) 1,286億100万円
総資産(推定) 1,457億7800万円
社員数(推定) 1,670名
平均年収(推定) 約690万円
平均勤続年数(推定) 約19.9年
本社所在地 東京都千代田区三崎町2-5-3