京都府で注文住宅を建てられるハウスメーカー・工務店

更新日:2019年1月16日

京都府で家を建てることができるハウスメーカーと工務店を一覧にまとめて比較しているページです。実際に京都府で注文住宅を建てた方からの口コミもご覧頂けます。

京都府は府北部が日本海側気候に属しているうえ、積雪量の多い豪雪地帯となっているため、冬の寒さ対策としても高断熱の住宅がおすすめです。

目次

  1. 坪単価一覧で比較
  2. 家を建てた方の口コミと評判
  3. まずはカタログ比較から始めよう!

坪単価一覧で比較

会社名 当サイトの分類 坪単価(推定)
アイフルホーム 中堅ハウスメーカー 20~55万円
タマホーム 大手ハウスメーカー 30~45万円
穴吹工務店 大手工務店 30~50万円
藤木工務店 大手工務店 30~50万円
クレバリーホーム 中堅ハウスメーカー 30~60万円
ユニバーサルホーム 中堅ハウスメーカー 40~50万円
セルコホーム 中堅ハウスメーカー 45~70万円
住友不動産 大手ハウスメーカー 50~60万円
日本ハウスホールディングス 中堅ハウスメーカー 55~65万円
ヤマダホームズ 中堅ハウスメーカー 55~65万円
サンヨーホームズ 中堅ハウスメーカー 55~65万円
大和ハウス 最大手ハウスメーカー 40~80万円
積水ハウス 最大手ハウスメーカー 50~80万円
一条工務店 大手工務店 55~70万円
三井ホーム 大手ハウスメーカー 55~80万円
トヨタホーム 中堅ハウスメーカー 60~70万円
セキスイハイム 大手ハウスメーカー 65~75万円
ミサワホーム 大手ハウスメーカー 65~75万円
住友林業 大手ハウスメーカー 70~80万円
旭化成ホームズ 大手ハウスメーカー 70~80万円
パナソニックホームズ 大手ハウスメーカー 70~80万円
三菱地所ホーム 中堅ハウスメーカー 70~80万円
大成建設ハウジング 中堅ハウスメーカー 75~85万円
スウェーデンハウス 中堅ハウスメーカー 80~100万円

家を建てた方の口コミと評判

積水ハウス

●●夫婦が30代後半、長男が1歳の頃に家の購入を考え、資料請求をしたのがはじまりでした。何社かご挨拶に来られましたが、何から考えたら良いのか、何を聞けば良いのかわからない私達に、わかりやすく、段階を追って、親身になって土地探しからマイホーム完成まで、誠実に相談に乗って頂いたのが積水ハウスの営業の方でした。

土地探しの時は、利便性を重視するとお伝えしたら、自ら現地に行き、生活に必要な交通機関の時刻表や小学校中学校、スーパーなどの情報を調べて頂きました。また、打ち合わせの場所は、土地探し近辺のモデルハウスで、地域の環境、家の住み心地や床暖などのイメージもよくわかりました。

しかし、一番驚いたのは、家を建築することになり、家の骨組みの素材などを決めることになった時に、見本帳だけでなく、自社が持っておられる『納得工房』という広大な施設に出向き、実際に積水ハウスの部材や、インテリア素材のサンプル、バリアフリーの体験など、ありとあらゆる物全てを実際に目で見て触ったことです。

キッチンの高さも私の身長に合わせて実際に可動して決めさせて頂いたり、ウォーキングクローゼットの棚の高さも、今の家財道具である衣装ケースを置ける高さにして頂いたり、2段の服掛けのポールの高さも、夫婦の身長を考慮して、実際にそれぞれの高さに合わせてくれて、服の出し入れを体験して決めさせて頂きました。

本当に納得して夢のマイホームを手にすることができたので、どこのお家より自分の家が一番だと思っています。(京都府・40代女性)

ミサワホーム

●●マイホームを建てる時に、まず最初に悩むのがハウスメーカーですね。我が家の場合は注文建築だったのですが、住宅展示場に出かけてモデルハウスを見学し、メーカーでそれぞれの説明などを聞きました。モデルハウスのイメージや建築工法などから2つくらいのメーカーに絞って、最終的にミサワホームに決定しました。

決め手は営業マンの人柄と、見積もりの提示の仕方でした。営業マンが誠実だからメーカーが良いかと言ったら、それは別の問題だと思いますが、私たち客の立場では窓口となる社員の仕事の仕方次第で、信頼できるかどうかを計ることになります。

人間ですから好き嫌いや相性も当然あるのですが、その時の営業マンや設計担当者はとても好感が持てました。こちらがマイホームに対してどういう希望を持っているか、将来設計と予算の問題など、細かく話を聞いてくれたことも印象的です。

巧みな営業口調につい買ってしまう、というほど安い買い物ではありませんから、じっくり話をして決めなければいけませんね。(京都府・50代女性)

パナソニックホームズ

●●通勤途中に建設風景を毎日眺めていたので、興味本位で休日にモデルホームに行ってみました。担当者がすごく丁寧に接客してくれたので、とりあえず詳しい価格と月の支払額を出してもらいました。

私はその気はあんまりなかったのですが、妻のほうが室内の間取りや作りこみのしっかりしたところ、車を3台駐車できることがえらく気に入ってしまい、結局、返済が完了したばかりのマンションの売却金プラス退職金全額で一括で購入することになりました。

子供たちが自立して老後夫婦2人で暮らしていくには、2階建て敷地60坪は少し大きすぎると感じていますが、妻は大変満足しているので、それはそれでよいかと納得しています。

正直、6千万の物件なので隅々まであら捜しをしましたが、さすがパナソニックホームズの素晴らしい作りこみには感心させられました。夏は涼しく、冬は暖かく、京都の厳しい気候を見事にやわらげてくれています。(京都府・60代男性)

サンヨーホームズ

●●京都府の郊外にたくさんの分譲地が販売されていて、そこにサンヨ―ホームズで家を建築しました。家の周りは、積水ハウスやへーベルハウスなど、様々な注文住宅が建ち並んでいます。主人の会社の関係で、サンヨ―ホームズに決めました。そこで、迷うことはありませんでした。

サンヨ―ホームズは耐震に力を入れていて、そのことを住宅展示場で詳しく説明してもらいました。窓などといった設備の方も最新のものを備えました。郊外の一軒家なので家も広く、5000万円ほどかかってしまいました。庭も小さいですがついています。

何よりも、室内が暖かいのがサンヨ―ホームズの特徴で、冬には快適さがわかります。気密性がたしかに高いです。

ただ、思ったよりも設備にお金がかかりすぎてしまいました。特に水回りです。メーカー指定の業者なので割引率が少なく、無名の工務店で建築した幼稚園のママ友の話をきくと、300万円くらい違っています。

もちろん、グレードははるかに上ですが、そこまでグレードをあげる必要があったのかどうかと悩んでしまったりします。とは言え、高級住宅で知られるへーベルハウスよりは安いです。(京都府・40代女性)

まずはカタログで比較してみよう!

注文住宅のはじめの一歩として、ハウスメーカーや工務店のカタログを取り寄せて、比べてみましょう。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や地域や住宅テーマ(ローコスト住宅・ZEH住宅・平屋住宅など)から、一括でカタログを取り寄せることが可能です。

無料でできるのはもちろんのこと、気になるハウスメーカーや工務店だけに絞ってカタログを取り寄せることもできます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログの一括取り寄せ