全労済

更新日:2017年3月18日

火災保険の一括見積もり依頼サービス

全労済 全労済が提供している火災共済の「口コミ・体験談・評判」をご紹介しているページです。
住宅タイプ別の口コミ 一戸建て
分譲マンション
賃貸住宅
地震保険

自然災害保障付火災共済

全労済は保障事業を行っている生協のことで、正式名称は「全国労働者共済生活協同組合連合会」です。ただ長すぎるため、一般的には全労済と略されます。

そんな全労済では「自然災害保障付火災共済」という、火災保険と地震保険に該当する商品を扱っています。共済ならではの掛け金の安さや幅広い保障内容などが特徴となっていて、一般の損保会社が販売している火災保険や地震保険にも負けないくらい知名度のある商品となっています。

また、エコ住宅を対象とした「社会貢献付エコ住宅専用火災共済」という商品もあり、こちらは「自然災害保障付火災共済」よりも掛け金が安くなります。なお、詳しい保障内容や保険と共済の違いなどについては、当サイトの「火災保険と火災共済の違い」や「地震共済とは」というページで触れております。

口コミ・評判

一戸建て

【入力3分!】一戸建てにおすすめの火災保険を一括比較!

●●建て売りの新居を購入した時、銀行の住宅ローンに加入させられますが、住宅の購入手続きに気を取られ、どんな火災保険かなど上の空でした。暫くして、じっくり見ると、建物のみの火災保険で、家財や地震保険も付いていませんでした。

そこで別途、会社の労働組合が斡旋していた全労災の火災共済に、住宅価値の半分程度の補償額にして入り、そこに全労災が推奨する居住人数に対する家財保険と地震保険を付けて入りました。

その後、ローンの残高の減少に合わせ、5年毎に建物の保障額をアップし、ローン完済時には、もしもの場合に同程度の新居を建てられる額にしました。定年退職後もOB会を通して、全く同じ団体扱いの掛け金割引を受けて、火災共済に加入し続けています。

生命保険などと異なり、保障は分かり易いです。ただ、万が一の時、共済組合や保険会社によって全焼や半焼の判定に差があると聞きますが、そこまで調べては入っていません。本当はこうした事にも注意を払い入るべきなのかもしれませんが、何分にも「割引」という言葉に弱いもので、この共済を選んでいます。

●●2012年に竜巻が発生し、茨城県のつくば市で大きな被害がありました。日本であのような竜巻被害が起こるとは思っていなかったので、竜巻の場合の損害を補償する保険について気になりました。

また、東日本大震災のこともあり地震保険にも入らなくちゃと思っていたので、両方の被害の補償ができることを中心に保険選びを開始しました。

そこで選んだのが全労済の自然災害に対応した保険です。掛け捨てなので、保険料が低かったのも決め手になりました。被害の時に建物だけでなく家財への補償が大切なので、家財保険も一緒に補償するものを選択しました。

●●私が勤めていた会社では、共済会が様々な保険などを選定して、毎年定期的に一斉募集を募っていました。保険の種類も様々あり、またそれを取り扱う保険会社も多数あり、自分で最適な会社や保険プランを選択するのは意外と大変です。

会社の共済会が吟味して勧める保険なら間違いもないでしょうし、保険によっては団体割引が適用されるものもあります。この共済会の推奨の火災保険が全労災の火災共済で、団体割引が適用されるものでした。

建て坪に応じて火災保険金額と地震保険金額、住んでいる家族構成による家財保険金額の推奨加入口数が提示されており、その推奨通りに加入しました。

恐らく、推奨は少し多目の保険金額であろうとは推定しましたが、推奨値なら万が一の時に、保険金もすんなりと下りるだろうと思って加入しました。やはり団体割引が1つのメリットと言えるでしょうね。

●●私のところでは火災保険は全労済に加入しています。今は亡き父が10年以上前から加入しているもので、父が「万が一の時の保障がしっかりしているので、民間の保険会社に比べれば安心できる」と、私に説明してくれました。

また、「民間の保険会社の場合は、家が全焼した場合にのみ保険金が全額支払われるが、柱の一部でも残っていれば全額は支払われない」と父が言っていました。

しかも、全労済をはじめとした共済は、民間の保険会社に比べて保険料が安いと言われています。そのようなことを私と一緒に働いていた派遣社員の若い男性の方も言っていました。

私は自動車保険は民間の保険会社に加入していますが、彼は火災保険だけでなく自動車保険も含めて、ほとんど全労済や他の共済を利用しているとのことです。

共済は利益よりも互いに助け合うためにできた制度だと言われています。どちらかというと官のイメージが強いですが、電話の応対もとても丁寧です(最近の役所の電話応対は下手な民間企業よりもとても丁寧に感じる時がけっこうあります)。

父が亡くなったとき、名義の変更などの手続きが生じました。その際、全労済に電話したときはとても丁寧に応対していただきました。何も知らない私のような者でも、同じ目線で丁寧に説明をしてくれたときは「全労済の火災保険に加入していて良かった」と思いました。

私の住んでいる地域は古くからここに住んでいる人たちがほとんどなので、農家の人はJA共済に加入し、私のようにサラリーマンや自営業の人は全労済かゆうちょを利用しています。

全労済の火災保険は保険料が安めですし、家が全焼しなくても保険金は全額払ってくれるので、多くの人におすすめしたいです。そして、自動車の保険も全労済に変えようかと検討している今日この頃です。

●●中古の物件を購入した時に、友人より「火災保険は入っていた方が良い」との事だったので他社と比較して、保険料が安かったため全労災に加入しました。住宅ローンを組んだ時にも火災保険に加入していたので二重になっておりました。

全労災の担当者が説明をしてくれたのですが、難しい話を電話で終わらせようとする態度もですが、対応もあまり良くなかったです。しかし、何かあったら困るので契約は継続中です。保険料に関しては、3社程提案書を出してもらいましたが、やはり安かったです。

担当者の方は現在は変わり、対応はとても良くなり、話しやすくなりました。保険料も安くて、補償も最低限は準備しているつもりなので継続していこうと思っています。私の友人にも火災保険の補償を受けた方がいるので、やはり安心のために、後輩などにも火災保険は勧めています。

●●全労済は民間の保険会社に比べて保険料が安いのが最大の魅力です。さらに、掛け捨てではありますが、剰余金が出た場合、年に一度割戻金もあります。火災共済単体だと風水害の補償が少し弱めですが、自然災害共済をプラスすることで地震もカバーする風水災の補償を拡充することができます。

定期的に共済の内容を見直しするときも、フリーダイヤルに電話して相談したのですが、受付してくれたオペレーターの方が丁寧に対応してくれ、すぐに資料や申込書を送付してくれたので、スムーズに内容の見直しと契約変更ができました。

窓口も全国各地にあるので、すぐに相談に行けます。安くて確実な補償、信頼性に厚い火災保険を求めている方には全労済の火災保険がおすすめです。

●●全労済の火災保険に加入した経緯としては、戸建住宅を購入して「火災保険に入ることは必須」と、住宅業者の方から言われたからです。

火災に見舞われることは滅多にないとはわかっているものの、備えておくことは必要だなと感じて、最低限の補償を…と思い、色々調べた結果、全労済が掛け金も安く、私が思っているだけの補償があったので、良いなと思って選ぶことにしました。

火災保険の料金としては、月々1,360円と安価ですし、補償は2000万円までとなっています。家財に対しても50万円程度は補償してもらえます。

木造か鉄筋かなどで料金は違ってきますが、私はパンフレットとネットで見て、パンフレットから郵送で申し込みをしました。

パンフレットに必要事項を記入して郵送するという方法で、保険会社の方からは加入が完了しましたという案内がスムーズにきましたし、特に問題なく満足しています。安くて必要最低限の補償があれば、それで十分だと考えています。

●●昨年のことです。雪が溶けて、何気なく家を眺めていたら、軒下が少し禿げてるように見えたので、外を1周回ってチェックしてみました。数か所同じように禿げたところを発見して、ひどい場所はボードがブヨブヨになって穴があいた状態になっていました。

雪が巻きついてそうなったのか、屋根から水が入ってなったのか判りませんが、すぐにでも直さなければならない状態でした。

ちょうどお隣がリフォーム中でしたので、ちょっと工務店の方にきいてみたら、足場を掛けると結構なお金がかかると言われ、保険会社の方に連絡を入れることになりました。

その後、保険会社から現場の確認の方が来て、状況など説明し、現状を見ていただいて、保険金の請求と順調に進んでいたのですが、住宅ローンにも火災保険が掛けられてるため、保険金の半分程度が銀行に入り、ローンに使われると言われ、驚きました。

住宅ローンは無理なく返済していたので、銀行と交渉して今回の保険金は住宅の修理に使いたいと伝え、全額修理に使うことができました。

今回、全労災の方にはとても親切にしていただいて感謝しておりますが、住宅ローンに付帯の火災保険は微妙に厄介だなと思いました。契約した時はあまりよく理解せず、火事以外では使えないと思っていた火災保険ですが、今回はとても助かりました。

●●戸建を建て、住宅ローンとともに火災保険の加入を勧められたのですが、一括払いで35万円ほどでした。少しでも支出を抑えたくて、銀行でのセット加入はお断りしました。

色々検討していたところ、共済にも火災保険があるのを知りました。毎月3000円という負担の少ない掛け金で、さらに年に1度、一部が返金されるので、家計も助かると思い、こちらへ加入することにしました。

我が家が戸建に引越したのは、なんと東日本大震災の前日。津波の被害だけではなく、火災で燃えるお家もたくさん見せられました。

もし、我が家も同じように火災に巻き込まれたら、火災保険に未加入ですと大変借金を抱えることになるでしょう。燃えてしまったら家具も一切なくなることを考えると、家財への補償もしっかりしているこの共済が良いと思いました。

最近は火災のニュースもよく目にしますので、火災保険は家に合った補償額と家計のバランスに合わせて加入すると良いと思います。

分譲マンション

【火災保険料の節約】新築でも中古でも分譲マンションなら要チェック!

●●もともと全労済の自動車保険なども加入していたことから、担当者に電話をかけて相談したところ、すぐに資料を送ってくれたので、必要な項目に記載して送り返して手続きは完了しました。

窓口に行って申し込む方法もあるようですが、場所が少し遠かったこともあって、ネットで検索して、電話と資料で加入を検討することになりました。全労災の場合は共済なので、掛け金が最初だけ要りますが、積み立て式で解約した際などにいくらか戻ってくるので、そこにも楽しみがあっていいと思います。

先に車でも加入していると書きましたが、バッテリー上がりなどで電話した時も担当の方がとても親切なので、火災保険の窓口でも丁寧に対応していただけると思います。また、不明なことがあれば、その都度電話でお話しを伺っても、優しく丁寧に教えてくださるので、納得してから加入ができるというところも魅力かもしれません。

火災保険を検討するにあたり、他の保険会社にも数社連絡をしていたのですが、田舎なので事業所も少なく、対応もあまりよくなかったので、自動車保険で既に契約していた全労災さんにお願いをすることにしました。あと、他の保険会社さんのように不要な資料を送って来たりすることもないので、安心だと思います。

●●保険加入の理由は父親の薦めです。電話で資料請求をして、送られてきた書類に必要事項を記入して完了ですので、担当者などはいません。問い合わせなどしても、そのつど違う女性が対応してくれるという形です。

全労済を選んだ理由は安いと思ったからです。他の火災保険と比べてはいませんが、きっと安い方だと思います。父の名義のマンションを借りて住んでいますが、最初は、家も家財も全部私の名義で保険に入れると言われました。

しかし、ある時、「家は父の名前で保険に入って下さい」と言われました。担当とかがないので、もし電話口の女性が間違えて教えてくれたら、そのまま加入してしまっていて、更に万が一の時にそれで保障が下りないなどと言われたら…と思ったら怖いです。できれば専任の担当者がほしいなと思わされました。

●●全労済は営業マンもいないし、支店も代理店もなく事務職員がいるだけですので、経費が余りかからず、保険料が安いのです。全労済は全国各県に組織があり、加入者数も多いです。協同組合なので相互扶助の精神で運営しているそうで、うちは火災共済と家財共済と生命共済に加入しています。

掛け捨てですが、剰余金が出ると利用額に応じて配当があります。バックの組織として、全国組織の労働組合があるそうですが、うちのように労働組合とは関係ない人も入れます。もう歴史も長いそうで信用に問題はないようです。

テレビ広告などもあまり派手にはせず、チラシも入れません。それによって安く加入できるのです。ありがたいことです。金額の大きな共済は扱っておりませんが、うちのような庶民には今の共済で十分です。

賃貸住宅

●●全労災のクローバー共済という共済に加入しています。この共済には「火災共済・自然災害共済・交通災害共済」という3つの共済保険がありますが、我が家はこの中の火災保険と自然災害共済に入っています。賃貸なので建物の火災保険には入っていませんが、家財のみで加入できるものを探していて、この共済を見つけました。

地震による被害にも対応しているものがいいと思って探していたのですが、掛け金が比較的安いものだと、地震はカバーしていなかったりしますので、よその保険もパンフレットを取り寄せ、いろいろチェックしました。

また、再取得価額での補償というのもポイントでした。実際に被害にあったら、家財道具は買い直しになりますから、時価額での補償では足りないと思ったのです。借家人賠償特約もつけられたので、本当に安心です。他の共済や保険と比較して掛け金も手ごろで、良心的だと思います。

●●あまり知られていませんが、全労災は建物の火災共済などをかけなくても、家具だけ共済に入ることができますす。マンションやハイツの部屋は、間に入る不動産屋さんや大家さんが決めていることがほとんどのはずです。そして、ほとんどが「1部屋2年間契約でいくら」という掛け方でしょう。

わからないことが多いので、言われるままに入ることがほとんどでしょうが、それはあくまでも「部屋」に対する保険なので、自身の持ち物は別です。「部屋」にかけているので、壁や床や窓などであれば保険の支払い基準を満たしていれば支払われますが、その時にだめになった家具に対しては支払われません。

つまり、台風火災で部屋が駄目になってしまっても支払われるのは、住む「部屋」の復元に対してであって、なくなってしまった自身の持ち物は一切補償の対象外なのです。だから、部屋が復元されても家具保険に入っていないと、ベッドや冷蔵庫などを買う分は補償されないということです。

そこで掛けるのが家具保険なのですが、ほとんどの保険会社で家具保険は火災保険などに入って付属でかけるものなのです。しかし、全労済の家具保険は単体で入ることが可能です。単身であれば、数百円で入れますので、結構おすすめです。

●●賃貸マンションに住んでいた時の体験談になります。上階の方が洗濯中に水漏れが有り、下階の私の部屋が水漏れの被害にあってしましました。その時、私は在宅していましたので大きなダメージには至りませんでしたが、やはり気持ちが良いものではありません。

幸い高価な物などは被害にあたりませんでしたので、双方にとって良かったのですが、電気系や高価な物に水漏れしてしまったら私は怒ったと思います。

ただ、もし私が反対の立場だったら…と考えるとゾッとしました。これが万が一火災だったら、二度と同じ物が手に入りませんし、簡単に済む問題ではないですから。家財保険に加入したのはこの時がきっかけです。

いつ何がおきるか、おこすか誰もわかりせん。比較的保険料が安かった全労済にお守りのつもりで現在も加入し続けています。

地震保険

●●東北に住んでいたときに大地震がありました。私は出張のために他の地域で仕事をしていて、妻や子供は逃げ出していて無事であったのですが、地震の揺れによって一戸建ての家が半壊しました。

事前に全労済の地震の保険に加入していて、半壊した部分の修繕の費用の保険に関する見積もりを申請したら、すぐに対応してくれたのがよかったです。

ただし、現場にいくためにはある程度の復興の期間が必要なので、電話で状況を話し合って、復興がある程度できたら現場までいって、詳細な倒壊の状況を把握して、倒壊した部分の修繕に関する見積もりを出すようにと保険会社から請願されました。

建築の会社から修繕の見積もりを出されて、すぐにファックスで送って、修繕の費用を早急に補填できたので良かったです。

●●2011年3月11日の東日本大震災で自宅が半壊になりました。宮城県在住です。全労済の地震保険に加入していたので、保険がおりました。

役所は半壊の判定でしたが、全労済の判定は一部損壊でした。それでも68万円の保険金がおりました。半壊の場合は修理代金が自治体から50万円もらうことができることを知っていましたが、それは申請しませんでした。

そして、全労済の保険金で最小限の修理をして自宅で暮らしています。全部直すとしたら800万円以上かかると工務店から見積もりされました。古い家なので本当に最小限の修理だけです。でも地震保険に加入しておいて良かったです。いつどこで地震が起きるかわからないですから、加入しておいた方がいいと思います。

●●東日本大震災でマンションが被災したため、全労災の地震保険を利用しました。古いマンションだったため、地震で崩壊する不安もあり、会社で提供していた全労災の保険に加入していました。

地震後すぐには半壊扱いだったために、保険は降りないと言われ、全労災に対して不信感がありました。しかしその後、担当者から今回は特例で半壊でも保険が使えるとの連絡がありました。

地震保険を使うこと自体初めてだったので、正直どのように手続きをすればよいかわかりませんでしたが、担当が丁寧に教えてくれたので特に問題はありませんでした。保険も満額利用できたので、非常に今後の生活で助けになりました。

地震保険はしっかりと内容を確認しましょう。倒壊の状態によって額が異なります。今回のことで保険の重要性がわかったので、加入することは必須だと感じました。

●●東日本大震災時の地震により、基礎部分や屋外壁、屋内の天井、壁等に多少の損傷がありました。震災後、若干落ち着きを取り戻しし、半年以上たってから被害の相談と報告をしたのですが、電話での聞き取りからきちんと対応してくださり、その後、担当者が訪問調査に来ました。

かなり詳細な部分まで見て回り、検査等に多少の時間はかかりました。それは支払い決定をするのだから仕方のないことで、とても丁寧な対応だったと思いました。

調査完了後、割とすぐに申請がおり、給付されました。思った以上に早く入金され、驚きました。保険金で損傷部を修復できました。職場のお付き合いという感じで契約した火災保険と地震保険でしたが、加入していて本当に良かったと思いました。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!