AIU保険

更新日:2017年4月19日

AIU保険 AIU保険が提供している火災保険と地震保険の「口コミ・体験談・評判」をご紹介しているページです。
住宅タイプ別の口コミ 一戸建て
分譲マンション
賃貸住宅
地震保険

火災保険「スイートホームプロテクション」

海外旅行保険でもお馴染みの大手損保会社AIU保険が提供している火災保険です。商品名を「スイートホームプロテクション」と言い、その特徴は、自分で様々な補償内容をカスタマイズすることができるという点です。

基本補償として必ず付帯される「火災落雷破裂、爆発」以外の補償に関しては、必要だと思う場合だけ補償を付けることができ、より自分の細かなニーズに合った火災保険をカスタマイズできます。日常生活で起こりうる様々なリスク(第三者への損害賠償など)もカバーすることができます。

また、新築費・新品価格(再調達価額)基準で修理費・復旧費を全額支払ってくれるという点も見逃せません。更に「建て替え・取り壊し費用補償特約」を付けておけば、建て替えのための建物の取り壊し費用も追加で支払ってくれます。

割引制度が豊富なのも大きな魅力です。「耐火性能割引(T構造耐火性能割引・H構造耐火性能割引)」「オール電化住宅割引」「発電エコ住宅割引」「新築物件割引」「ノンスモーカー割引」などが代表例となっています。

地震保険

AIU保険では地震保険のサービスも提供しています。「地震保険とは」のページで詳しく解説しておりますが、政府との共同事業となっておりますので、AIU保険以外で契約しても補償内容や保険料に違いはありません。

口コミ・評判

一戸建て

【入力3分!】AIU保険を含む人気10社の火災保険料を一括見積もり!

●●新築戸建てをマイホームとして購入した時に、火災保険・地震保険の加入について結構色々と検討しました。そして決めたのがAIU保険の「スイートホームプロテクション」という火災保険です。

家を新築した時に、住宅ローンを組んだ地方銀行から火災保険のチラシをもらいました。最初に見た時に、「なぜこんなに高いのだろう?みんな同じ値段なのかな?」という疑問を抱き、すぐさまネットで多くの火災保険を調べました。

そして、AIU保険を見つけました。スイートホームプロテクションという保険は、必要な内容だけ補償してもらえるというのが最大の魅力だと思います。例えば、我が家の近くに川や海はありません。なので、水害は必要ないと思ったので、その補償を外せば保険料が安くなりました。

更に「オール電化住宅割引」や「ノンスモーカー割引」などといった割引もありますし、オプションで必要があれば家財保険なども加えることもできます。我が家は銀行から紹介された火災保険(約60万)よりAIU保険で38万で契約したので、22万お得になりました。見積もりを比べることの重要さを実感した瞬間でもありました。

また、地震保険に関してもAIU保険は取扱いをしています。しかし、日本各地の地震予測マップに則って私が住む地域を調べてもらったら、あまり地震の影響が大きくない地域になっていたので、地震保険については検討したものの加入しませんでした。その直後、新潟中越地震東日本大震災がありましたが、我が家は無事でした。

火災も地震も、無いに越したことはありませんが、万が一の時のために必要なものだと思います。しかし「万が一」なのです。発生する可能性は、発生しない可能性よりかなり低いものだと思うので、金額に無駄のない保険を選ぶのが利口だと思いました。既に契約されている方も一度は見直しをしてみてはいかがでしょうか。

●●マイホーム購入の際、ハウスメーカーさんに勧められて加入しました。35年ローンだったので、35年分の火災保険と1年分の地震保険に加入しました。

ネットなどで事前に調べましたが、保険料もそんなに高い印象もなく、ハウスメーカーさんの紹介だったので加入する事にしました。地震保険は火災保険と一緒でないと加入できないので、とりあえず1年だけ付ける事にしました。

地震保険はどの保険会社でも一律の保険料と補償内容なので、火災保険さえ自分の納得いく補償と値段であれば、それで良いと思います。何よりも実際に保険を使用する事になってしまった場合の事故対応の良さも重視したいと思いました。色んな人に情報を集め、自分でも色々勉強された方が良いと思います。

私たちの家はオール電化で省エネ住宅、新築割引と色んな割引が付きました。割引については保険会社でそれぞれ違うと思います。ただ、保険加入期間が35年と長い為、1年で見ると小さい金額かもしれませんが、長期でみると結構高額になります。

そういった事も全て保険屋さんがちゃんと説明してくれますので、自分たちの納得いかない所はとことん調べて、保険屋さんに聞く事が重要です。

●●戸建てを建てる際に火災保険の新規加入について考えました。あれこれ代理店の方とも話をしましたが、その中でもセゾン自動車火災の火災保険とAIUの火災保険が気になりました。

当初はセゾンの方が安く、建物の価格で評価の額を決めるAIU保険は他社の評価額とあまりに違ったので、かなり高くなりました。その点をAIUさんに相談したら「お客様のご希望の額でも構いません」という回答に。

もし指摘せずに素直にそのまま受け入れていれば、余分な金額を払うことになったはずでは…と思い、不信感を抱きました。AIU保険は水災が外すことができたり勝手はいいだけに、少し残念でした。せっかく一大決心をして購入する我が家なので、保険選びも慎重にするべきだと思います。保険も決して安い買い物ではないので。

●●私は以前、医療保険だけに加入していましたが、阪神淡路大震災を経験したことや新築で一戸建ての家を建てたことなどもあり、損害保険にも加入することにしました。まず加入したのは火災保険でした。

以前はマンションに暮らしていましたので、ご近所同士で与える影響を心配しての加入でした。毎日料理をしますし、冬場になるとストーブやガスも使いますから、火災保険は最低限必要な補償だと感じています。何年もかけて建てたマイホームが一瞬で焼けて全く補償がなくなるのは悲しすぎますよね。

また、地震保険にも加入しました。過去に大地震の被害の大きさを見ていましたし、テレビでもさかんに将来地震が起きる可能性などについて報道されています。ですから地震保険に入っておこうと思いました。仮に大地震が起きなくても、保険に加入していることから得られる安心感だけでも価値があります。

AIU損保の担当者の方はとても紳士的で、加入を強要することもなく、様々な保険の詳細を説明してくださるので、本当に助かり、そして信頼できています。良い保険会社を選べたことをうれしく感じています。

●●一戸建ての購入を機に、火災保険会社の検討をしましたが、やはり基本的な補償をしてくれて、安価なものがいいと思い、各社見積もりを出しました。同じような補償内容なのに金額が会社によって大きく違うことに驚きを感じました。

色々検討したところ、AIU保険が一番安かったので、契約しました。契約は新橋のビルの一角で、駅から近く、わかりやすかったので、遠方ながらも安心してたどり着けました。担当の方も丁寧で、説明もしっかりしていただけました。

火災保険はたくさんオプションがあり、冷静に考えて過剰なオプションはつけないことにしました。そういったことにも丁寧にアドバイスして下さり、安心して契約できました。契約の時間は1時間弱でした。

自宅から1時間半以上かかるので、子供を預けなければ、とても行けないことが少し手間でした。大手なので横浜あたりで契約できるものと思ってましたので、少々忙しかったです。夫の代理で妻の私が契約に行くのは大丈夫だったので、その辺は助かりました。

シンプルな書類で、分厚い委任状なと必要ではなかったので良かったです。とにかく安価で契約できたのが本当によかったです。ローンを組むにあたり、決めることや手続きなどで疲れていたのと、銀行とのやりとりの関係で日にちがなかったので、ネットでのやり取りを経て、すぐ契約日が決まり、パッと決められてよかったです。

●●火災保険は補償内容も大切ですが、やはり保険料はなるべく抑えたかったので、火災保険の一括見積りサイト利用しました。35年一括で一番高いところと安いところの保険料の差が20万円もあり、驚きました。この時、最安値だったのがAIU保険で、値段は40万円程でした。

契約したのはスイートホームプロテクションで、補償も充実していましたし、割引も新築割引やオール電化割引など、分かりやすいものが多かったので良かったです。

そして、そのままAIU保険にて契約しましたが、一つの不安要素として、AIUでは契約期間10年ごとに保険料の見直しがあり、10年で損害等が増えたりするとそれに応じて追加料金が発生するという点が挙げられます。

一括で払っていてもこういった追加料金システムがあるのは、保険加入時はAIUだけだったので、契約後に少し後悔しました。まだ加入して10年経っていないのでなんとも言えませんが、色々調べてみると毎回上がっているようなので、そこはもっと調べてから加入すべきだったと思っています。

10年後に追加料金が発生した際には解約も出来るそうなので、そういった事も検討していこうと考えています。保険料の安さでAIUに決めましたが、長い目で見た時に割高になってしまうかもしれないので、見直す時にはもっと慎重に決めようと思います。

●●生命保険を契約していたメットライフ生命の担当者の方を信頼していたので、その方にお願いしようと連絡しました。すると、AIUのホームライフ総合保険を扱っているということで紹介されました。

自分でも調べ、火災の時の建物の補償だけを探したところ、私の中でいいプランがありました。35年一括払いで補償金2000万円。しかし、営業マンが勧めてこられたのは掛け金が倍ほどするものでした。やはり向こうも仕事だなと感じると共に、こちらも知識を持つことの大切さも実感しました。

その後、このプランはありますかと尋ねたら、あっさりと同じものを用意してくださったので、そちらで契約しました。一括払いが終わるタイミングで比べると格段安かったので、35年一括払いにしました。

●●パソコンで一括見積もり請求をし、1番安いところに決めました。家具家財補償ならびに風災害などの補償はつけませんでした。最小限の補償に絞って探したところ、AIU保険の火災保険が15年一括で約15万円ほどでしたので、それに決めて保険マンに連絡をしました。

すると、「最低限のもので」とお願いをしても50万円ほどのプランを持って来られました。その後、私がパソコンで見つけていたプランをお見せすると「それもあります」と言われ、そちらで契約しました。

何事もそうですが、特に目に見えない保険商品は、自分自身でも調べて目処をつけてからお話を聞くことをしたほうがいいなと思いました。何が必要で何が必要ないか、自分の中でもしっかり決めてから火災保険を探すことをお勧めします。

●●私たちが住んでいる場所は、主人の転勤先でしたので夫婦の実家からも遠く、言ってみれば縁もゆかりもない土地でした。しかし、主人の年齢的にもそろそろ住宅を取得したい、それならば、マンションではなく戸建てで、ということでしたので、土地探しから始めました。

ネットで調べましたところ、近くのファイナンシャルプランナー事務所がよい土地情報を持って見えました。そちらで、分譲が始まる前の土地とハウスメーカーを紹介していただきました。紹介料は無料でしたが、火災保険を決める際は、そちらのFP事務所の指定する代理店を通して加入するという条件でした。

無事に住宅が完成し、FP事務所紹介の代理店担当者の方がお勧めの火災保険の見積もり4社分を持参して説明をしに来て下さいました。

  • 東京海上日動(免責金額が自分で選択できる)
  • あいおい損保(複数のプランから選ぶことができる)
  • 富士火災(ネットでの申込ができ、価格を抑えられる)
  • AIU損保(保険料の割引が充実している)

以上4社のメリット、デメリットを説明してくださいました。それまでは、賃貸に住んでいたので、火災保険は管理会社が勧めるものを選ぶしかありませんでした。

いざ、自分で選ぶとなると、知識も乏しいためなかなか難しかったですが、保険の代理店の担当者の方が、以前は少なかったが、最近増えてきた支払いのケース(強風でガレージが飛んでしまい、再購入の際に適用になったなど)の説明なども丁寧にしてくださいました。

悩んだ末に、決め手となったのがAIU損保は基本補償以外は自分で選べるという点でした。こちら以外の3社は、我が家の土地柄では、必要のない水災などのオプション補償が外せずに、結果的に割高になってしまったのです。担当者の説明もしっかりしており、最終的には満足のいく保険選びができました。

▲▲我が家は当初、代理店の営業マンから、AUI損害保険のスイートホームプロテクションという火災保険を薦められました。

営業マンの話では、「AIUは保険料が安い」「外資系の保険会社であるため、保険金の支払いに関する審査(調査)が緩いので保険金が支払われやすい」とのことでした。真偽は定かではありませんが、営業マンは私達にこのように説明しました。

しかしながら、自分たちで調べた結果、この保険の落とし穴に気づき、加入をやめることにしました。AIUの新価方式長期保険には、10年ごとに保険料率の見直しがあります。

その10年間の中で、大きな災害(例:台風の頻発など)が発生し、AIUが被災した契約者に多額の保険金を支払った場合、AIUのその損失の一部を実質既存契約者から徴収するような制度があります。

これは、一括で支払った保険料以外にも、10年ごとに災害リスクが上がるたび、その後10年の保険料率を上げて、その分の保険料を追加徴収されることを意味しています。

一括で支払った保険料のほかに、料率改訂による追徴を行う保険会社はAIUのみです。しかも、その金額は10年経つごとに追徴されるので、「今後いくら請求されるか判らない」というのが、AIUの新価方式長期保険です。

インフレでの価格高騰による料率改訂で、既存契約者の保険料率が上がる可能性があるのは、どの保険会社でも同じことです。しかし、災害が発生した際に保険会社の保険金支払い分を既存契約者に実質負担させるようなルールを用いているのは、AIUのみです。

私は、実際に他の代理店でもこのことを確認した上で、AIUのスイートホームプロテクションを薦めてきた代理店とは別の代理店で、他社の長期火災保険に加入しました。営業マンの話を鵜呑みにせず、自分で調べて良かったなと思いました。

分譲マンション

【火災保険料の節約】新築でも中古でも分譲マンションなら要チェック!

●●38歳男性会社員です。分譲マンションの購入とともに、家財保険に入りました。それまで家財保険に入ろうとは思ってもおらず、存在すら知らない状況でした。

しかし、知り合いが同じく分譲マンションに住んでおり、保険などのアドバイスを受けていたところ、上の階の水漏れがあり、家財道具が水浸しになって大変な事になったが、家財保険に入っていた為全て買い替える事が出来たというのです。

普通に考えると水漏れをした上の階の住人が払うのが筋なのですが、上の階の住人は分譲賃貸で借りている身で、支払い能力もない状態だった為、家財保険で賄ったという事でした。

それを聞くと、自分も2階を買った為、同じ境遇にあるかもしれない思いました。また、家財保険は自然災害や盗難にも適用されるとの事だったので、ローン会社の紹介でAIU保険に話を聞く事にしました。

すると、大したものを持っている訳ではありませんが、夫婦2人で衣服や家電品を合わせて見積もっても500万円の資産はあったのです。それを月8,000円程度で300万まで補償してもらえるのであれば、これは入るしかないと即決し、家財保険に入る事にしました。

おかげで今まで使う事はありませんが、貯金とは違うもしもの時の備えとして、安心した毎日を送っています。

賃貸住宅

●●私はアパートに住んでいます。保険に入ったきっかけは、アパートを借りる際に不動産と契約を交わす際に保険に入ってくださいとのことで、入りました。

以前、空き巣に入られてしまったことがあり、家財を盗まれてしまいました。金銭やアクセサリー類含め、総額7万円くらいの損害でした。

早急に書類を送ってもらい、部屋の間取り図を書いたりしました。細かい書類でしたが、記入例に従って記入したらすぐ書き終わりました。その他には、取られたものが置いてあった場所の写真など、細かい情報を保険会社に送りました。

手続きし始めて一週間くらいでしょうか、お金が振り込まれました。凄く迅速な対応をしていただきました。保険料もそんなに高くなく、助かっております。

●●賃貸物件の更新の際に「年間プラス2万で火災保険に入る事が決まった」との通知が来ました。その際に入ったのがAIU保険のリビングサポート保険でした。

賃貸の更新と同じく2年契約で、更新契約からしばらくすると保険証券と保険料領収書を兼ねた物が郵送で送られて来ました。保険証書には基本契約と保険の詳しい保険期間、家財の損害における補償範囲、適応される特約が詳しく記載されており、とても分かりやすかったです。

保険加入からしばらくして、上階の水道管破損による水漏れが起こりましたが、給排水設備の事故による水漏れは、補償の範囲に含まれていたのを証書を確認してすぐに分かったので安心する事が出来ました。事故受付の電話は24時間対応でしたので、スムーズに対応して頂けたのはありがたかったです。

●●我が家では二つの火災保険に入っています。横浜市民共済とAIU保険です。横浜市民共済は、消防署と直結しているので火災になったらすぐに保険がおりるという話を聞いたから入りました。

そして、AIU保険は、賃貸住宅の契約の際に不動産屋を通じて入ったもので、火災保険と言うより住宅総合保険です。この保険は、自衛目的で入っています。例えば2階に住んでいて、水漏れで1階の家に迷惑をかけてしまった時の補償に使います。

ただし、複数の保険に入る際には注意が必要です。その物件に対しての限度額が決まっています。重複していたら保険はおりないので、他社でどのくらい保険を掛けているかの申請が必要です。保険というものは使わないのが一番ですが、もしものために必要なものだと思います。

●●引っ越ししてきた時に、AIU保険の火災保険に加入するのが条件となっていたようなので、2年更新の物を入りました。内容はおすすめパックになっていて、今回は賃貸ですので、家財保険と地震保険がメインの物です。3LDKのマンションで2年で25,000円位になるものです。

今回は補償金額やこまごまとしたものの計算は後回しで、急ぎで入ったため、他のプランを見る事ができませんでしたが、おすすめのプランは、自分で設計するものより若干安くなっているようです。

子供が大きくなると補償金額が少ない気がしているので、次回更新の際にはじっくり選ぶプランで探そうと思っています。AIU保険の窓口にも問い合わせをしましたが、とても感じの良い対応でした。

●●マンションの上階からの水漏れで部屋の半分が水浸しになり、オーディオ製品、レコード、書籍類、衣類、布団などが生活汚水で使えない状態になりました。すぐに大家さんに電話をしたのですが、数週間過ぎても対応してもらえず、困った時に気が付いたのは、引っ越す際に火災保険に入っていたという事でした。

すぐに契約していた保険業者(AIU損保さん)に電話連絡をして、状況を説明。水漏れの際に写真を撮っていたので、それも送付。すると、全ての物に対して保険がきくという事だったので、ダメになった物の金額を計算し、AIU損保から送られてきた書類に記入して送り返すと、数週間後にはきちんと補償金が振り込まれていました。

AIU損保のスタッフの方はとても親身になってくれましたし、対応もとても早かったです。ダメになった物の中には年代物のオーディオやレコード類や書籍があったので、同じものを購入する事は出来ませんでしたが、それでも布団や日用品はすぐ購入する事が出来たので助かりました。

これまでは火災保険は無駄な物と思っていましたが、実際に自分が被害に遭って、その大切さを深く実感しました。引越しの際には火災保険の加入が絶対に必要です。今はどの賃貸物件でも大体保険加入必須となっていますので、必ず加入して何かの問題に備えておくべきだと思います。

●●引っ越しで賃貸住宅を借りる事になり、オーナー指定のAIU保険に入る事になりました。プランにはお勧めのセットパターンというものが何パターンかあり、火災保険・地震保険・家財保険がセットになっていました。金額的にも年間3万円位なので入りやすい価格設定になっています。

初めはそのセットがお得だということだったので入ろうと思いましたが、家族の人数の割に家財保険の補償金額が低かったので、その部分の変更ができないかとコールセンターの方に相談したところ、後日、自由に組み合わせができるものを送って下さり、私の家族構成に見合ったパターンを何パターンか計算してくれていました。

親切なメッセージもあり、AIU保険の担当の方の対応は今までの中で良かった方だと思いました。

【入力3分!】私が保険料を20万円以上節約することができた理由

地震保険

【入力3分!】地震保険に必須の火災保険を一括比較!

●●かなり前からAIUさんの「スイートホームプロテクション」に加入していますが、東日本大震災の時に初めて地震保険の補償を受けました。全損・半損・一部損という判定基準がありますが、我が家ではそれほど大きな被害があったというわけではなかったため、一部損と判定されました。

一部損ですと契約時に定めた補償額の5%を受け取ることができます。この金額が修理費よりを上回ったので良かったです。また、補償金の請求も手続きが煩雑だったら嫌だなぁと思っていましたが、想像していた以上にスムーズで大満足でした。

●●東日本大震災の時、住んでいた家ではかなりの揺れがありました。子供を守るのに精一杯、家具が傾いたり食器が落ちて割れたり、恐怖を感じました。震災から一ヶ月後の新居への引越し作業の際に、床や家具に傷が残っていることがわかりました。

大家さんと状況確認の上、こちらの保険会社さんと相談してほしいとの話をいただきました。既に転居後ではありましたが、引っ越し時の床の写真や家具の傷等を確認し、前住居の補修費を補償していただきました。迅速な対応で大変満足でした。

●●地震の少ない地域に住んでおり、自宅が地震で被害を受けるとは想像した事すらなかったのですが、阪神淡路大震災の後、お守りと思って加入した地震保険で予期せぬ収入を得た事があります。最近は単独で加入できる商品もあるようですが、地震保険は通常火災保険とセットで単独では加入できず、補償額は火災保険の半分です。

補償額は大きい方が何かと有利なのですが、大きくすれば当然保険料が増え、住宅の構造や築年数によって上限もあり、それ以上にしても超えた分は支払われないので無駄になります。被害の査定基準は詳しくはわかりませんでしたが、地震による被害が家全体の何%になるかを調べ、その結果を補償額にかけて保険金額が決まります。

我が家のケースでは、契約時の補償額の5%が保険金として支払われました。手続きを始めてから10日程度で保険金が支払われて、とても満足でした。中古の戸建てに住んでるのですが、契約時に一括で保険料を支払っていたため、今回受け取った保険金で、支払った分のほとんどが返ってきた計算になります。

実際に地震でどのような被害を受けたのかというと、家の外壁の損傷と家財の損傷です。外壁は損傷とは言っても、一部が欠けて落ちてしまった程度でした。家財に関しては割れ物がいくつか床に落ちて、割れてしまいました。

前述の通り、査定結果や受け取った保険金については満足のいく結果となりました。地震の少ない地域とはいっても、やはり地震保険にも加入しておくべきだなと思いました。ちょっと気になって地震保険の加入率を調べたこともありますが、想像以上に数字が小さくてビックリしました。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!