盗難・空き巣

更新日:2017年3月18日

火災保険の一括見積もり依頼サービス

戸建てでもマンションでも盗難被害は後を絶ちません。いくら戸締まりをしっかりとしても空き巣に入られる可能性は十分にありますので、盗難被害を補償できる火災保険に加入しておくようにしましょう。

なお、盗難による被害を未然に防ぐためにも、セコムやアルソックなどといったホームセキュリティの設置をおすすめします。

体験談

東京海上日動

●●当時住んでいた賃貸住宅では東京海上日動の火災保険に入っていましたが、とある日のことです。留守の間泥棒に入られてしまいました。ドアからではなく、窓ガラスを割って侵入したようです。

現金の被害はなかったのですが、充電中のデジカメと新婚旅行で購入した主人の腕時計、更にその他何本かの腕時計が盗まれていました。一番高価だった腕時計については数年前に免税店で購入したものでしたが、保証書だけはありました。

泥棒に入られてすぐに不動産屋に連絡をしたところ、被害にあったものの中で、腕時計はだめでしたが、デジカメや窓ガラス修理代は保険が適用になって新しいものを購入することが出来ました。製品番号等を確認できなかったにも関わらずです。

賃貸契約時に自動的に加入する保険だったので、それまでは更新のたびに支払をしていただけでした。5年間、保険料だけで補償をうけた事は一度もなかったので正直無駄だなと感じてはいたのですが、この時は本当に加入していてよかったと思いました。東京海上日動さんの素早い対応にも感謝しています。

●●私は現在、戸建ての実家に住みながら、約12キロ離れた職場まで毎日自転車で通勤しています。自転車は半年程前に購入したGIOSという有名なメーカーのロードバイクで、購入した当初の価格は約4万円。

安い自転車ではないので、傷をつけないよう大事に大事に乗っていたのですが、なんとある日、この自転車が自宅の駐車場から盗まれてしまったのです。

私は自衛策として、盗難防止の為に太いチェーンロックを3重にして厳重に鍵をかけ、外からは自転車が見えないように衝立で隠していたのですが、どうやら犯人は駐車場の内部にまで入って物色したようでした。

盗まれた事にショックを受けて、数日は仕事も手につかない状態でしたが、警察に盗難届の手続きに行った際、わずかな希望が見えたのです。それは、自宅の駐車場内で盗難にあったなら、火災保険が適用となる可能性があるという話でした。

帰宅してすぐ両親に確認を取り、保険会社に電話をすると、確かに保険の適用範囲であるとの回答!最終的に、自転車購入から1年未満だったので、購入当時の金額の80%を補償して貰えることになり、5,000円ほど手出しはしましたが、また新しい自転車を買う事が出来ました。

自転車を盗んだ犯人は未だに許せませんが、思わぬところで火災保険に助けられ、本当に感謝した出来事でした。

●●住居の下が駐車場になっていて、それぞれの家の物置が駐車場の奥に並んであるという形の賃貸住宅に住んでいた際、物置に置いてあるタイヤが集合住宅全体で盗まれるという事件に遭いました。

駐車場の入り口は一箇所で、奥まで車で入ってしまえば通りからは見えなくなり、ちょうど物置の前に車を停めることも出来るので、日中の犯行でした。結局、犯人は捕まりませんでした。

管理会社などからは事件のあともなんにも言われてなかったので、自分の自動車保険の盗難に該当するかだけを確認して、火災保険の方は確認していませんでした。

賃貸住宅の契約で、必ず東京海上日動火災の保険に入ることが必須でしたので、補償内容もあんまり気にすることもなく、更新の度にお金を払い込むことだけをしていました。

警察の方が事情聴取に来た際に「火災保険で補償される場合もある」ということを言っておりましたので、開いたことのない封筒をあけ、電話をして確認してみたら、盗難でも補償されるプランに入っていることがわかり、タイヤとホイールの半額ぐらいの金額を保険でおろしてくれました。

自分の自動車保険は車両自体の盗難は補償されますが、家の物置に置いてあったタイヤは対象外でした。社会人になったばっかりということもあり、冬タイヤとホイールを全額自腹で買うのは難しかったので、少しでも補償されたことで救われました。

電話の対応もよく、手続きも早かったので助かりました。

損保ジャパン日本興亜

●●私は損保ジャパン日本興亜の火災保険と家財保険に加入しています。ちょっと前にブランドもののアクセサリー数点が盗難に遭いました。警察に実況見分してもらって、落ち込んでいたのですが、ふと保険に入っていたことに気がつきました。

保険会社に事故の連絡をしたら、警察に出した被害届の受理番号が必要とのことで、書類が送られてきました。一週間後くらいに受理番号が出たので、必要事項を書いて書類を保険会社に提出しました。

購入して3ヶ月くらいだったシャネルのサングラスは、領収書があったこともあり、金額をそのまま記入しました。その他の指輪やネックレスなどは定価を覚えているものは定価を、そうでないものは時価を記入しました。

結果、サングラスは免責を除きほぼ全額、その他のものは購入時からの年数で減価償却したという金額が振り込まれました。大事なものを盗難されて気が滅入っていたのですが、保険金を受け取ることができて本当に良かったです。

三井住友海上

●●賃貸マンションに契約する際に、自動的に三井住友海上の火災保険と家財保険に入らされました。初めての一人暮らしだったので、「使うことはほぼないのに高いな」と思いながらも契約した記憶があります。その家には5年ほど住んでいました。

住み始めて5年目のある日。マンションの1階部分に住んでいた私は、洗濯物を取り入れていました。その時に、昨日干したお気に入りのワンピースがないことに気付いたのです。絶対に干したのに、そこにない。

不安に思った私はクローゼットの中を確認してみました。そういえばあれもない、これもない…。そこで気づいたのです。盗られていると。ハンガーごと盗られていた上、たぶん何度かに分けて小分けに盗られていたのだと思います。おかげでかなり時間が経ったころ、やっと気がついたんです。被害額は5,6万ほどでした。

重い足取りで警察に盗難届を出しに行きました。担当してくださった婦人警官は非常に優しく、肩を落とす私の代わりに調書を作成してくれました。そして、「もし、賃貸に住んでいるなら、契約時にそういう家財保険に入っていない?家に帰って調べてみてください」と教えてくれたのです。

でも、敷地内のベランダとはいえ、外。そんな補償はないだろうと思いつつも、保険証書を確認してみました。そしたら、例のところに「敷地内に設置されたベランダで盗難にあった場合も補償」と書かれていたのです。まさか強制的に入らされた保険に、そんなことまで補償があるなんて!と思い、早速請求。

そうすると、何日か後に保険会社から連絡があり、無事に盗難された金額を補償してもらえたのです。保険が役に立った、初めての経験でした。

あいおいニッセイ同和損保

●●我が家はあいおいニッセイ同和損保の火災保険に加入しています。昨年、夫が仕事帰りに電車でスリに遭い、小銭入れとその中に入れていた家の鍵を盗まれてしまいました。

幸い、小銭入れには氏名や住所がわかるようなカード類は入ってなかったのですが、もしかしたら後をつけられたかもしれないし、自宅を知られて侵入される恐れもあります。その夜はドアガード(U字ロック)をかけつつも不安で眠れず、翌朝すぐに住宅メーカーに問い合わせて、鍵の業者を紹介してもらいました。

玄関の鍵は2ヶ所あり、両方とも同じ鍵を使うので、2ヶ所とも交換しました。費用は35,000円もかかりました。ちょうどその後、自宅の火災保険と家財保険を契約しているあいおいニッセイの代理店の方とお会いする機会があり、鍵交換で大変だったと世間話ついでに話したら、「交換費用は保険で補償されますよ」とのこと。

家の保険なんて火事でしか使わないのかと思っていたので驚きましたが、おかげさまでお金が戻ってきました。もっと契約内容をちゃんと確認しないといけないなと、反省しています。

●●今の賃貸マンションに越してきて四年目ですが、これまでに2回、あいおい損保から補償を受けました。こちらの賃貸と契約してから、家財保険への加入は強制でしたが、今は加入しておいて本当に良かったと思っています。

一回目は引越してまだ間もない頃のことです。我が家は盗難の被害にあいました。下着を盗まれたのです。初め、盗まれていることに全く気が付きませんでした。元々の枚数を多く持っていて、盗まれたのがショーツのみだったからでしょう。

徐々に減っていっていることにある日気が付き、衣替えをしていた日に洗濯ばさみの音とともに確実に盗まれたことが分かったので、警察に通報しました。

このときは、補償されるなど思っておりませんでした。私が保険で補償が可能だと気が付いたのはそれから二年後、保険の見直しを行ったときです。数年たっているにも関わらず対応していただき、1万円ほど戻ってきたので良かったです。

それから二回目は、浴室のドアを壊してしまったときに補償を受けました。プラスチックの部分に物を倒してドアが破壊されてしまったのです。しばらくはガムテープを貼ってしのいでいましたが、このときも実費ですと数万円かかってしまっていたので本当に助かりました。

以上のことから、数年でこれだけのことがあったので、我が家に家財保険は必要不可欠だと感じました。

朝日火災

●●私は昔から保険にはこだわりがあって、戸建てを購入すると直ぐに各種の保険に入りました。その中でも最近役立ったのは朝日火災の火災保険です。私が住んでいる地区は非常に空き巣が多いことで有名で、共働きの家庭でしたので、もし万一の時には火災保険が役立つと思っていました。

実際に盗られたものは少なかったのですが、その分、大事にしていたものを盗まれてしまいました。一つが純金製の犬の置物です。それに加えて、金庫が破壊されたり、タンスにバールでこじ開けた形跡があるなど、家財の損傷がちらほらありました。結局犯人は捕まらず、保険金の申請に行ったのです。

窓口が直ぐ近くにありましたので、必要書類を持っていきました。私が入っていたプランは月に千円の非常にお得なもので、窃盗によるものだけでなく、災害や事故などの案件でも家財を補償してくれるものでした。私は当初これを大事にしていたブリティッシュ家具のために保険をかけたのですが、違う形で役立ってくれました。

審査はすんなりと済み、支払いは一ヶ月後に行われました。タンスにしても金庫にしても、ほとんど全額補償してくれたのですが、残念だったのは犬の置物です。購入金額の3分の1程度しか払ってくれず、なんだかなあという思いでしたが、払ってくれるだけ良心的なのかもしれません。

AIU保険

●●私はAIU保険のリビングサポート保険に入っています。現在の賃貸住宅に入居した時からずっと入っていて、最初に「この保険に入ってくださいね」とすすめられたものをそのまま変えずに契約しています。

以前、空き巣被害にあったことがあり、その際に補償を受けました。玄関から自宅へ侵入された際にドアロックを壊されており、その修繕費として補償金がおりました。AIUの対応は非常に早く、すぐに手続きをして頂けたことが印象に残っています。

保険料の安い保険会社は他にもたくさんあり、契約更新時に毎回見直しを行っていますが、いざというときにそれなりの補償を受けようと思うと、やはり今払っているだけの保険料は必要だと思います。どんな被害を受けるかわからないので、手厚い補償がついているとやはり安心です。

富士火災

●●富士火災の火災保険に加入していますが、数年前に空き巣に入られてしまったことがあります。窓ガラスを割られて侵入されるという典型的な手法だったのですが、高価なものはほとんどありませんでしたので、実質的な被害は一部の家財と窓ガラスの破損程度でした。

このことを富士火災さんのコールセンターを通じて伝えると、手続きを迅速に対応して下さり、無事に補償金を受け取ることができました。

日新火災

●●以前住んでいた賃貸住宅で日新火災の火災保険に加入しました。というか賃貸住宅の建築会社か不動産業者のどちらかが提携しているようで、ほぼ強制的に加入させられた感じでした。

保険料はさほど高くなかったと思いますが、とにかく無駄な感じがしていました。というのもいろいろ補償対象はあるようでしたが、現実的には火災に気を付ければ使うことなんてないだろうと思っていたからです。

ところが、入居して最初の正月に帰省している間に空き巣に入られてしまいました。幸い現金の盗難や家具への被害は無かったのですが、一番お気に入りだった腕時計を盗られてしまいました。落ち込んでいると妻が「こういう時に家財保険が使えるんじゃない?」と言い、不動産業者に問い合わせてみると確かに使えるとのことでした。

早速連絡をすると、盗難に遭った腕時計の購入金額、使用年数などを聞かれました。「購入金額は3万円、国産有名メーカーの時計、まだ1年程度した使っていない」といったことを伝え、どうやらそれを参考に査定するようでしたが果たして自己申告でその通りに査定してもらえるか不安でした。

半額くらい戻ってくれれば有り難いけどなぁと思っていたら、1万8千円ほど保険金として支払われ、非常に助かった記憶があります。賃貸住宅は長期間空けるケースがよくあるので泥棒に狙われ易いのだと警官から聞かされました。まさかこんなケースで役立つとは思いませんでしたが、有り難かったです。

セコム損保

●●一戸建てを購入したのを機会にセコムに入ったのですが、ついでにセコム損保の火災保険にも加入しました。この辺は空き巣が多いと聞いたので、念のために入っておいた方がいいと思ったからです。担当の人はわかりやすく丁寧に保険の説明をしてくれて、保険料も割安で安心して加入することが出来ました。

その後、ホームセキュリティに入っていたにもかかわらず、空き巣に入られてしまいました。盗まれたのは時計と指輪など計5点でした。すぐにこちらの保険会社に盗難にあったことを伝えると、すぐに申請の手続きをしてもらうことが出来ました。最終的には盗まれたもの全ての補償をしてもらえて大変ありがたかったです。

申請の仕方など、こまごまとしたことを聞く時にコールセンターへ問い合わせをしたのですが、とても丁寧に教えてくれました。ホームセキュリティに加入される方は増えてきていると思いますが、火災保険も合わせて入っておくのがおすすめですね。セコム損保ならセキュリティと同時に入れるので便利です。

チャブ損保

●●泥棒に入られ、加入していたチャブ損保の火災保険「リビングプロテクト」から補償を受けました。今までこのような経験がなかったので、果たしていくら補償されるのか心配でした。

警察で「被害届に時価を書いてください」と言われたのですが、十数年愛用した時計はいくら高価なものでも半額以下くらいの価値しかないと言われたからです。

しかし、結果的には購入した際の価格が全額補償され、同じタイプの時計を再び購入することができました。リビングプロテクトは再調達価格を補償する保険だからだそうです。

また、担当者の方が書類送付に始まり、再三電話をくださって丁寧に対処してくださった上、書類が先方に届いて一週間も経たないうちに入金があり、その迅速さに驚きました。

全労済

●●オートロックの賃貸マンションに居住していますが、ある日自宅に帰ると玄関先ドアの鍵が開いていました。出掛ける時に閉め忘れたのかとも思いましたが、部屋を観察すると、掛け時計が1時間近く進んでいることに気がつきました。

その他は盗難はもちろん、物の位置が変わったりもありませんでした。気持ち悪いので、警察を呼び、住居侵入として実況見分をしてもらいました。

警察に勧められたこともあり、玄関の鍵をシリンダーごと変えることにしました。実費は15,000円ほどでしたが、私は全労済の火災共済に入っていることを思い出しました。保障内容には盗難等による玄関ドアのシリンダー交換もありました。

共済に電話をしたら、書類が送付されてきて、玄関ドアとドアノブの写真と領収書のコピーと、状況説明、警察の被害受理番号など記載した所定の書類とともに返送しました。ほどなく免責5,000円として、実費から差し引いた10,000円強が口座に振り込まれました。

県民共済

●●二年ほど前に泥棒に入られました。勝手口を壊され、そこから入ったようです。県民共済の火災共済が適応されるか連絡してみました。担当の方がすぐにうちを見に来てくれて、状況確認と写真を何枚か撮っていかれました。盗難があったものは現金だったので、それは補償の対象外でした。

勝手口の方は鍵と網戸を壊されました。まずは網戸と鍵を修理してもらい、業者さんから領収証を受け取り、それを県民共済の方へ送りました。5日ほどで銀行口座に入金されました。そして、お見舞金として+5000円ほど支払われました。

担当の方も感じが良く、迅速で丁寧な対応に感謝しました。火事にならないと利用しないと思っていましたが、連絡してみるものですね。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!