窓ガラス

更新日:2017年1月23日

火災保険の一括見積もり依頼サービス

損保会社から実際に補償を受けたという方から頂いた体験談をご紹介します。火災保険では火事の被害だけではなく、住まいの細かな破損などでも利用することができますが、今回は窓ガラスを割られてしまうという被害に遭われたケースとなります。実際に起きる可能性があることですので、ぜひ参考になさってみて下さい。

口コミ

東京海上日動

●●正直火災保険なんて一応加入しているだけで、自分には使う場面なんか訪れないと思っていました。しかし、ひょんな事から窓ガラスが破損してしまい、その修理代を火災保険で補償しました。東京海上日動の火災保険に加入していたのですが、代理店の方との連絡もスムーズで、すぐに補償金が下りて安心できました。

あいおいニッセイ同和損保

●●新築購入時にハウスメーカーの勧めであいおいニッセイ同和損保の火災保険に加入する事になりました。火災保険だけではなく家財の補償なども付いており、一通りの説明を受けましたが、保険は安心を買っているだけで実際には使う事はないだろうと考えていました。

しかし、2人の子供がいて、それぞれの子の友達が数人ずつ遊びに来ていた時に、建具の窓ガラスが割れるというトラブルに遭いました。そこで思いたったのが直すのに保険が使えるという事です。すぐに窓口であるハウスメーカーに事情を話して間に入って頂き、速やかに保険を使用して直して頂く事ができました。

子供たちに怪我はなかったかなども心配して頂き、直した後もその後の状態の確認のお電話を頂いたりと、とても親身にお世話して頂き、嬉しかったです。

チャブ損保

●●ストーカー被害に遭っていた頃、警察が介入したことで逆上したストーカーによる嫌がらせ行為に困っていました。保険が適用されたのは投石による窓ガラスと網戸の破損で、全面取り替えとなり、小さなガラス窓ではなく、ベランダに面した大きなガラスの全取り替えでしたので、十数万の費用がかかるとのこと。

その際、不動産管理会社を通して保険会社に連絡をしてもらい、折り返しをいただくかたちで対応していただきました。詳細を報告したところ、証拠写真が必要とのことでしたので、写真を撮影して提出しました。

事務的対応ではありましたが、本来十数万の費用がかかるところを事務手数料の数千円で新しいガラスと取り替えることができ、本当に助かりました。ちなみに、当時管理会社に勧められて契約していたのはチャブ損保の火災保険です。

AIU保険

●●住んでいる物件は分譲マンションで、13年前に購入したものです。住宅ローンを組んで、その際にAIU保険の火災保険と地震保険をつけました。

銀行からの勧めにより火災保険は加入したのですが、実は地震保険は躊躇していました。というのも、その当時は東日本大震災のように大規模な地震の発生など考えてもおらず、最初はつけるつもりはありませんでした。ただ、その機会を逃すと長期の地震保険に加入できなくなるとのことで、加入することを決断したのです。

それから数年後に東日本大震災が発生しました。飾ってあったものが落ちたりしましたが、私が住んでいるところではあまり影響はありませんでした。ところが、本棚が少しずれたので、戻そうとしたとき、それをベランダの窓側に倒してしまったのです。そして、ガラス窓は破損してしまいました。

地震であれば、地震保険で申請ができると思いましたが、近隣でもあまり被害は少なかった様子で、諦めました。もしかすると火災保険等が適用になるのではないとか思い、保険会社に連絡。すると、突発的な事故での破損は適用になるとのこと。当初は地震保険で嘘をつこうとも思いましたが、正直に話しました。

数時間後、担当者が自宅を訪問し、現場を確認し、保険申請をしました。1週間程度は窓ガラスがなく、ビニールを張って寒さをしのぎましたが、無事に保険が適用になって、入れ替えてもらいました。対応の良さに感謝しています。

朝日火災

●●家を新築した際に、当たり前のように朝日火災の火災保険に入りました。地震保険も併せて口コミや相場などを参考にしながら決めるというのが一般的かと思いますが、うちの場合は、母が損害保険の代理店に勤めているということもあり、中身は完全に丸投げでした。母の方が何もかも詳しかったので、内容も金額も全て任せました。

新築一戸建てで、更にオール電化なので、火事になることもそうそうないだろうと思い、それほど重要視していなかったという事もあります。保険金は年払いなので、入っていることも忘れてしまう平和な日々が始まりました。新しい家での新しい生活。とても幸せな日々でした。

それがなんと!新築2年目にして、もはや火災保険を使うことになってしまいました。ある日、トイレに入って窓を見上げると、なんと窓ガラスが割れているではありませんか。そういえば、少し前にボールが壁に当たる音がしたけれど、いつもの事なので、気にも留めていませんでした。

そう、我が家は公園の隣に建っているため、子供が遊ぶサッカーボールや野球ボールが壁にゴンゴン当たるのは日常茶飯事となっていたのです。なので、この時も、ボールが当たった音がしたからといって、外を確認することはありませんでした。

外出から帰ってきた時に、トイレの窓の近くで小学3~4年生くらいの男の子2人が、木にボールやペットボトルを投げつけて遊んでいたので、多分その二人の仕業かな…と思いました。が、その2人の姿はどこにもなく、窓ガラスが割れたこと以上に、なんだかがっかりした記憶があります。

窓を割ってしまったのに「逃げちゃえ~」って逃げちゃったんだ…。そんなずるいまま大人になっていくのかと思うと、本当に残念に思いました。

結局犯人はわからず終いだったので、火災保険を使って直すことになりました。火事じゃなくても、こういう時にも火災保険は補償してくれるのですね。新しい窓を発注してから工事してもらえるまで約1ヶ月。

窓は二重になっていて、割れたのは外側だけで、内側は割れていなかったので、すきま風が吹くことはありませんでした。ただ、ガムテープで補強したので、その1ヶ月間、なんとまぁカッコ悪いこと。トホホでした。

1ヶ月待って、やっと工事が入りました。隣が公園である以上、また窓を割られてしまう可能性はゼロとは言えません。なので、以前と同じ窓ではなく、たとえ割れても破片が飛び散りずらい網入り加工の窓を入れることになりました。

見積もり金額は31,500円也。トイレの小さい窓といえども、結構な金額です。火災保険に入っていなかったら、もっと必死に犯人探しをしたかもしれません。笑

この件以来、家を新築する友人に火災保険の重要性を語るようになりました。保険という商品ですので、もちろん使う機会がないということが1番なのですが、今回の窓ガラス破損の件のように、自分の過失ではなくても、何が起きるか分かりません。