雹災(ひょう)

更新日:2017年8月3日

火災保険で補償できる自然災害の一つに雹(ひょう)があります。保険会社のパンフレットや保険証券などでは、強風や大雪などの自然災害と一緒に「風災・雹災・雪災」という形で表記されていることが多いです。小さな雹であれば無害であることがほとんどですが、稀に非常に大きな雹も降りますので、注意が必要です。

火災保険加入の際には、雹災の補償もある火災保険を比較することが大事です!保険料を節約しつつ、補償内容も充実したものを選びましょう。

体験談

損保ジャパン日本興亜

●●数年前に雹の被害に遭いました。うちは損保ジャパン日本興亜の火災保険に入っていたため、損害ジャパンさんの方から調査と確認の訪問がありました。こちらから連絡しなくても確認に来てくださったので、親切で大変助かるなと思いました。

この保険は、この辺りの地域で建物が売られる際に一緒に付いていた保険です。手続きに必要な書類なども、その時に配布してくださり、手続き方法に関する説明もしてくれました。ただ、加入はしたものの、使うことはないかな…と思っていました。

話を戻します。損保ジャパンさんの担当者による査定の結果、屋根や窓や扉などの損傷に対して補償を受けることができ、大変助かりました。

保険というと査定が厳しくて、実際にはいくら支払われるのかも曖昧で、個々の査定員の判断に偏ってしまうのだろうなと、ネガティブに考えていたのですが、このようなことがあり、やはり保険に入っておくと、いざという時に安心だなと感じました。個人的には損保ジャパンさんは信頼できて、とてもおすすめです。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!