借家人賠償責任特約

更新日:2017年8月3日

借家人賠償責任特約という特約をご存じでしょうか。これは自宅を賃貸している際に、建物や部屋に損害を与えてしまい、家主への損害賠償責任が生じた場合に、保険でカバーしてくれるという特約です。一戸建て・マンション問わず、賃貸住宅にお住まいの場合は極力付帯しておいた方がよろしいかと思います。

今回はそんな借家人賠償責任特約に関する体験談をご紹介したいと思います。

きっかけは近所の火事

結婚してすぐのことです。私の住む住宅付近に、深夜に消防車が何台も来ました。どこで家事があったのだろうと、寝室のドアを開けて玄関に向かおうとしたら、煙たいのです。慌てて夫も起こし、パジャマのまま家の外に出ました。

すると、なんと我が家の隣の家で火災が発生していたんです。幸い、台所の一部が燃えただけだったのですが、そこの家の台所のすぐ隣が我が家なので、もしも我が家にまで火の手があがったらと思うと、心底ぞっとしました。

そこで、火災保険に入ることにしたんです。まずは、一般の生命保険会社や共済から資料を取り寄せました。いろいろな会社のパンフレットを見て検討しましたが、結局は新聞広告に入っていた共済で、私がこういうのが良いなと思っていた保障内容がある火災保険を見つけたので、そこで加入することにしました。

自然災害保障付き

加入することにした保険は、自然災害保障付きの火災保険で、風災水災落雷盗難、地震もバックアップしてくれるものです。住宅部分の損害と、家財の損害の保障がありました。

普通に火災だけの保険もあったのですが、私が住んでいる地域は、将来的に大きな地震があるだろうと予想されているところなので、もしもの時のことを考えると、地震保険も欲しいなと思っていました。

さらに、数年前に実家が台風で駐車場の屋根が飛んでいってしまい、修理にけっこうな予算がかかったと聞いていたので、一戸建て賃貸に住む私達としては、台風被害についても想定しておいたほうが良いかなと思っていたので、いろいろついているものの方が良いかなと思ったのです。

借家人賠償責任特約も付加

それに、賃貸住宅に住んでいるので、隣の家の例もあって、我が家が家事の発火元にならないとも限らないなと思い、借家人賠償責任特約も付加することにしました。これは、もしも我が家が火災漏水などを破損した場合に、貸主に対して損害賠償責任を負った時に支払ってもらえるものです。

パンフレットを見ると、いくらくらいの保障額のものに加入すると良いのか相場を示した参考資料がありました。それを元に、まずはどれくらいの保障額があったほうが良いのかを考えることから始めました。

まず最初に、住んでいる家が賃貸か持ち家かとか、家の平米数と木造か鉄筋か耐火建築物かどうか等の基本的な家の作りなどから、おおまかな保障額を概算します。それから、家具類などおおまかにこれくらいあれば、新しい生活をスタートできそうだなと思う金額を計算します。

これらから、保障額を決定し、保険料を算出してました。保険というのは、高いイメージがあったのですが、いろいろ保障があるわりに安くかけられそうで、さすが共済と思いつつ。安心して申し込めました。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!