一戸建て

更新日:2017年4月19日

新築であろうと中古であろうと、持ち家が一戸建てなのであれば火災保険への加入は必要不可欠です。タバコの火などといった些細な原因であっても家を全焼してしまうことがありますので、必ず加入するようにしましょう。また、住宅ローンを利用されている場合は加入が義務づけられているケースがほとんどです。

加入が必要な理由

多くの場合、一戸建ての住宅を購入する際には住宅ローンを利用されるかと思います。まず、住宅ローンを利用する場合は契約者と金融機関の双方を守るために、火災保険への加入を求められます。契約者と金融機関を守るとはどういうことか、より詳しく知りたいという方は「火災保険と住宅ローン」のページをご参照下さい。

住宅ローンが残っていない場合

既に住宅ローンを全額返済している場合や、住宅を購入する際にローンを利用しなかったという場合は、加入は義務にはなりません。加入するかしないかは家主の方の判断で自由に決めることができます。

しかし、このケースもやはり加入されることをおすすめします。建物にも家財にも保険をかけていないと、万が一の火災が発生したときに全てを失ってしまう恐れがあるからです。早い段階で火を消火することができ、部分的な小さな被害で済んだのであればまだ良いのですが、全焼となると経済的にも精神的にもダメージが残ります。

失火法について

「失火法」という言葉を聞いたことはありませんか?これは自分が原因で火災を起こしてしまい、その日が近隣の住宅や建物に移った場合、近隣の住宅や建物への賠償責任を負わないという法律です。もちろん重大な過失がある場合は例外となりますが、荘でない場合はこの法律が適用されて損害賠償を逃れることができます。

では、今度は逆のパターンを考えてみましょう。お隣さんから火が出て、火災が起こったとします。そして風の影響を受けて自分の家にも火が移ってしまい、被害を受けたとします。この時、自分の家の被害はお隣さんではなく、自分がお金を払って修復する必要があるのです。

ちょっと理不尽に思われるかもしれませんが、この場合にお隣さんに損害賠償請求を出しても認められません。この失火法というのは、家と家の間隔が狭いうえ、木造家屋が多く、火が燃え移りやすいという日本の事情を考慮して作られました。

他人のせいだとしても…

つまり何を言いたかったのかというと、火災の原因は必ずしも自分が関係しているとは限らないということです。「自分はいつもちゃんと火の元を管理しているから、火事は起きない。だから火災保険に入らなくても大丈夫」という訳にはいきません。

いつ何時このような形で、もらい火の被害を受けるかは誰にも分かりません。しかしながら、もらい火でも自分の火災保険があればそちらでカバーすることができます。このようなリスクを考えると、やはり加入は必須と思えるのではないでしょうか。

保険の選び方

「加入することが大事なのは分かったけど、どこの損保会社のどんなプランが自分に最適なのか分からない」という方も多いかと思います。そこでおすすめなのが、最大で10社から見積もりが取れる『火災保険の一括見積もりサービス』です。押し売りのような営業などは全くなく、無料で安心して使うことができます。

なお、当サイトでは一戸建てにおすすめの火災保険【厳選10社】というページも公開しております。先にご紹介した一括見積もりサービスの対象となる10社の口コミ(全て一戸建て住宅にお住まいの方から頂きました)をご覧頂けます。ぜひ、コチラのページも合わせてお読み頂ければと思います。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!