よくある質問

更新日:2017年4月19日

普段それほど注目を集めているわけではないので、火災保険と言ってもあまり分からないという方も多いかと思います。そこでこちらのページでは火災保険に関するよくある質問をまとめてみました。ぜひ参考になさってみて下さい。

火災保険とは?
損害保険の一つで、主に火災による損害を補償する保険です。火災のみならず落雷・風災・雪災など幅広く補償してくれるため、加入している方が多いです。ただし、地震による損害や地震によって起こった火災による損害は対象外です。詳しくは当サイトの「火災保険とは」のページを参考にして頂ければと思います。

補償の範囲は?
損保会社やプランによっても異なりますが「火災落雷破裂・爆発風災雹(ひょう)災・雪災」をカバーしているものがベーシックなプランとなります。これらに加えて「水災盗取損傷・汚損突発的な事故等」の補償も含まれているプランもあります。

特約とは?
普通の保険プランにプラスして、補償額を変更したり補償範囲を変更したりすることができるサービスのことです。各社様々な特約を用意しています。

再調達価格とは?
火災保険に加入する際には再調達価格で契約することがよく勧められていますが、この再調達価格とは「損害が生じたものと同様のものを新品で購入する際に必要となる金額」を指します。

おすすめのプランは?
それぞれ条件が異なるため、一概にいうことはできませんが、やはりできるだけ幅広い範囲を補償してくれるプランがいいかと思います。建物外部からの物体の落下・飛来・衝突なども可能性的には少ないとしても、保険料がそれほど高くならないのであれば一緒に範囲に含めてしまった方が良いでしょう。

複数契約している場合は合算されて支払われる?
必ずしもそうとは限りません。建物の再調達価格が5,000万だと仮定すると、A社から2,500万B社からも2,500万というケースではそれぞれの合計5,000万を受け取ることができますが、A社から3,500万B社から2,500万というケースでは最大でも再調達価格である5,000万円までしか受け取ることができません。

また、契約内容によっては再調達価格ではなく時価での支払いとなり、受け取れる補償金が更に少なくなるという可能性もあります。

賃貸住宅でも加入するべき?
基本的には加入した方がいいでしょう。家財のプロテクトをすることができますし、また自分が原因で火事を起こしてしまい、部屋や建物が損傷した場合には、大家さんに対しての賠償責任を負うということもあり得ます。これらのリスクから見ても加入しておくことをおすすめします。

庭の納屋や物置が燃えてしまった場合も補償される?
保険の対象が建物の場合は、敷地内にある納屋や物置も補償の対象となります。また、塀や門も対象です。

水災と水濡れの違いは?
水災は「豪雨や台風など」を指します。これらが原因で自宅が床上浸水してしまい、損害を被った場合に補償されます。水濡れは天井裏の水道管が破裂したり、給水管が破裂したりして損害が発生した場合に補償されます。ただし、給排水設備自体に生じた損害は対象外となります。

高額な美術品や楽器なども補償されますか?
家財を補償に含めている場合は金額が高額でも、契約時に設定した保険金額を限度に支払ってくれます。ただし、1個または1組の価格が30万円以上するものに関しては、申込の際に申告が必要で、申告することによって保険証券に明記されます。

仮に申告を忘れていて、保険証券に明記されていないという場合は、残念ながら補償されません。最初の申込時に30万円を超える高額な家財はちゃんとリストアップしておくと良いでしょう。

掛け捨てだけではなく、積立の火災保険もあると聞きましたが、どちらの方がいいのでしょうか?
貯蓄の手段の一つで気軽にできるのが積立型保険です。損害保険では火災保険や傷害保険などに満期返戻金を受け取れる積立型商品があります。

補償を受ける分は補償保険料として支払わなければならず、運用利率が高いときには補償付きでも掛金以上の金額を受け取れるケースもありますが、逆に運用利率が低いときには当然不利です。

一概にどちらがいいとは言い切れませんが、現在の金利事情を踏まえると保険(=補償)と運用(=積立)は分けて考え、運用については多数ある金融商品の中から自分に合った商品を選ぶ、あるいは住宅ローンの残っている方はこまめに繰り上げ返済を行われる方が有利ではないかと思います。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!