見直し

更新日:2017年4月19日

物件の購入時や賃貸契約時に、金融機関や不動産管理会社などから勧められた火災保険に加入されたという方も多いのではないでしょうか。実は他社や他のプランなどを比較して見直してみると、保険料を安く抑えることができることも少なくありません。そこで当ページでは火災保険の見直しについてご紹介させて頂きます。

最初の契約について

火災保険は他の各種損害保険と同じように、法律で加入が義務づけられているわけではありません。ですので、実は入らなくても構わないのですが、それでも持ち家や分譲マンションをお持ちの方のほとんどは加入されていますし、賃貸でも大家さんや不動産会社に入居の条件として加入することを求められることも少なくありません。

それだけ多くの方が加入されている火災保険ですが、物件購入時や賃貸契約時に勧められたプランに加入したままで、正直なところ契約内容もよく把握していないまま、長いことただ更新だけしているというケースが多いかと思います。

生命保険や自動車保険はテレビコマーシャルや雑誌などでもよく「見直し」という言葉が使われているので、契約内容を見直すということは一般的になってきましたが、なぜか火災保険に関してはまだまだ見直すということを知られていないようです。

しっかり見直す

見出しの繰り返しになってしまいますが、生命保険や自動車保険などと同様に、火災保険もちゃんと見直すようにしましょう。

特に既に何年間も同じ契約で更新し続けているという場合や、現在加入しているプランの具体的な補償対象や補償内容を知らないという場合は、見直しを検討することによって、実際に現状のプランでどこまでカバーすることができるのかも知ることができるので、ぜひ一度検討してみて下さい。

また、現状のプランの内容を把握しているという方でも、以下のケースに該当するという方は、プランや損保会社によっては割引を受けることができるようになるかもしれませんので、保険料を抑えるためにもぜひ見直してみて下さい。

  • リフォームを行いオール電化にした
  • 床上浸水になる可能性がほとんどない
  • セキュリティ対策としてセコムに加入した
  • 一緒に暮らしている家族は誰もタバコを吸わない
  • 一年契約で毎年(手動自動問わず)更新手続きをしている

なお、こちらでは5つの例をピックアップさせて頂きましたが、各損保会社ごとにユニークな割引制度を持っているということもありますので、もし全部知りたいということでしたら、現在加入中の損保会社に直接問い合わせてみて下さい。

一括見積もりで比較してみる

実際に火災保険を見直すといっても、まず何からすればいいのか全然見当が付かないということも少なくありません。そこでおすすめなのが『火災保険の一括見積もりサービス』です。このサービスを使うことで、複数社の複数プランを比較することができ、また最適と思われるプランを絞り込んで教えてくれます。

こちらは保険のプロのコンサルタントが運営しているサービスとなっています。見積もりを取ったり、相談するだけなら無料ですので、ぜひお気軽にご利用下さい。現在のプランを見直すことによって、保険料を大幅に安くできるかもしれません。

こちらのページではスペースの都合上、省略させて頂きますが、一括見積もりを受けるための手順や特徴・メリットなどは、上のリンク先ページ(当サイト内)にて詳しくご解説しておりますので、ぜひご覧になってみて下さい。

口コミも確認

最後になりますが、保険料だけではなくサービスの満足度を知っておくという意味でも各損保会社の口コミも確認しておくといいかと思います。当サイトで公開している「口コミと評判」というページでは、主な損保会社の口コミをご覧頂けます。ぜひ一度目を通してみて下さい。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!