岩手・宮城内陸地震

更新日:2017年10月12日

岩手・宮城内陸地震は2008年(平成20年)6月14日(土曜日)に発生した、最大震度6強・マグニチュード7.2の大地震です。震源は岩手県内陸南部でした。こちらのページでは実際に岩手・宮城内陸地震を経験された方々の体験談をご紹介しております。

体験談

●●岩手・宮城内陸地震では、岩手県の一関から宮城県の栗原の辺りまでのエリアを中心に、橋が折れたり、道路が寸断されるなどの大きな被害が出ました。少し距離のある岩手県の盛岡市においてもかなりの揺れを感じました。

私は岩手県も中央部に位置する盛岡市というところに居住していますが、岩盤が強固とされる地域にあってもかなりの被害が出ましたので、一戸建てに住んでいる我が家でもこれを機に、それまで入っていなかった地震保険に加入しました。

地震保険は地震による建物の被害や地震を原因とした火災等の被害に対する保険です。地震により火災が発生した場合、通常の火災保険では保険が適用されないということなので、これも地震保険に加入することを決めた理由の一つでした。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!