自動車保険

更新日:2017年1月23日

火災保険の一括見積もり依頼サービス

家財の中で最も購入なものは自動車であることが多いのではないかと思います。超が付くほど高級な骨董品や宝飾品が価格を上回ることもありますが、自動車はそれだけでも百万~数百万以上かかりますので、多くの場合は最も高額な家財となるかと思います。そんな自動車を地震の被害から守るためにできることをご紹介します。

地震保険では防げない

いきなりこんな見出しで恐縮なのですが、自動車は地震に被害にあったとしても、地震保険では補償することができません。当サイトの「地震保険とは」のページでも触れておりますが、地震保険の対象に含まれるのは1個もしくは1組あたり30万円を超えない家財のみとなります。

「それなら地震で自動車に被害が起こった場合は泣き寝入りしかないのか」と思われるかもしれませんが、そこはご安心下さい。地震保険ではないのですが、自動車保険の方で補償を受けることができます。

自動車保険に頼る

自動車保険で地震の被害を補償すると書きましたが、実は基本的なプランに加入しているだけではカバーすることができません。基本的なプランでは地震や津波や噴火などによって被った損害については対象外となっているからです。

そこで登場するのが特約です。前述の地震・津波・噴火による被害をカバーすることができる特約が用意されています。ただし、全ての損保会社がこちらの特約を用意しているというわけではありませんので、注意しましょう。また、保障を手厚くするということになるため、特約を付けると保険料は若干高くなります。

東京海上日動「トータルアシスト自動車保険」の例

大手損保会社として知られている東京海上日動の自動車保険は「トータルアシスト自動車保険」と名付けられています。こちらでは「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」という特約を設けていて、最大50万円を一時金として受け取ることができます。

損保ジャパン「ONE-Step」の例

こちらも大手で、広く知られている損保会社です。「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」という名称で特約を用意しており、こちらも車両が全損扱いになった場合に限って50万円が一時金として支払われます。

あいおいニッセイ同和損保「タフ・クルマの保険」の例

あいおい損保とニッセイ同和損保が合併して誕生した損保会社です。「地震・噴火・津波『車両全損時定額払』特約」という名称でサービスを提供しています。名称が異なるだけで内容は上の2つの損保会社のものと同様です。

自動車保険の詳しい情報

こちらのページでは地震で自動車が被害を受けた際の補償についてのコンテンツをご紹介させて頂きました。なお、自動車保険そのものに関する詳しい情報を知りたいという方は当サイトの姉妹サイト「自動車保険比較ランキング」を参考になさってみて下さい。各社の比較や一括見積もりサービスのご紹介などをしております。