よくある質問

更新日:2017年7月15日

火災保険と混同しやすく、なにかと疑問質問が浮かびやすい地震保険ですが、こちらのページでは関連した「よくある質問」をご紹介しております。基本的なことからちょっと踏み込んだ内容まで、様々な質問を取り揃えておりますので、現在ご検討中という方もご契約中という方も、ぜひご一読下さい。

地震保険とは?
火災保険では補償することができない、地震に起因する存在を補償するために存在している保険です。単純に地震で建物が損害を受けたという場合だけではなく、地震による津波や火災による損害も補償してくれます。

補償の範囲は?
人が住むための建物やマンションの戸室、ならびにその家財が対象となります。建物だけ・家財だけに保険をかけることも可能です。店舗やオフィスとして使われている建物や、設備・什器・自動車・商品などは対象外となります。

どこで契約しても一緒?
地震保険は「地震保険に関する法律」に基づいて運営されているため、どこの損保会社で契約をしてもその内容は同じです。ほとんどの場合は火災保険を契約している損保会社で加入されています。

保険料はいくらくらい?
建物がどこにあるのか、どのような構造をしているのか、などといった条件によって異なります。簡単な試算を出したいという方や、相場を知りたいという方は当サイト内の「地震保険の見積もり」のページをご参照下さい。

規模の大きな地震でもちゃんと補償金を受け取れる?
規模の大きな地震だと損害保険会社も大打撃を受ける可能性があるため、万が一の時に補償金が支払われないのではないかと心配されることもあるかと思いますが、地震保険は国が主導で運営しているので、ちゃんと支払われます。

ただし、一点注意が必要で、損保会社全社の支払保険金の総額が5兆5千億円を超える場合には、削減されるケースもあり得ます。ちなみに5兆5千億円という数字は関東大震災のような大規模な地震が発生しても、支払保険金の総額がこの数字を超えないように試算されていますので、ほとんど削減の心配はいらないでしょう。

地震保険だけを契約できる?
残念ながら単体で契約することはできません。地震保険に加入するためには火災保険に加入していることが条件となります。

火災保険の期間の途中から地震保険に入れる?
保険期間の途中でも、地震保険に加入することができます。詳しくは現在加入されている火災保険の損保会社、もしくは代理店にお問い合わせ下さい。

自動車の損害は補償される?
補償されません。自動車以外にも、1つもしくは1組当たり30万円を超える高価なものに関しては地震保険の補償対象外となっています。

割引制度はある?
条件ごとに10%~30%の割引になる各種制度が設けられています。各制度に関する詳しい説明は「地震保険の見直し」のページをご参照下さい。

法人契約もできる?
法人名義で契約することも可能です。ただし補償の範囲となるのは居住用の建物と家財のみです。オフィスや店舗、また商品や製品・設備・什器などといったものは補償の対象外となりますので、ご注意下さい。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!