東急ホームズ

更新日:2017年5月18日

東急ホームズは東急グループのグループ会社で、輸入住宅販売と住宅リフォームを請け負っています。個人のお客様には「Millcreek(ミルクリーク)」という伝統的なデザインを基調とした輸入住宅を販売しています。ミルクリークはアメリカシアトルの街に付けられた名前で、東急ホームズはこの地で初めて住宅を建てました。

ミルクリークにある住宅街のように、広大な緑あふれる地域に建てた広くゆとりある家々をイメージされた住宅をコンセプトにしております。ミルクリークは木を大切にした家造りを行っております。地震の多い日本で必要な耐震性と高い質の建材を利用することにより、木材でありながら十分な安全基準を満たしております。

地方別の口コミと評判 北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
関西
中国
四国
九州
法人名 株式会社東急ホームズ
法人設立日 1991年4月1日
営業エリア 東北・関東・東海・九州
年間売上(推定) 362億円
年間着工数(推定) 1300件
坪単価(推定) 50~60万円
社員数(推定) 719名
平均年収(推定) 約550万円
平均勤続年数(推定) 約7年
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-21-14 渋谷TODビル

口コミと評判

関東

関東地方の注文住宅で失敗しないためには【家づくり計画書】が欠かせません!

●●東急ホームズのミルクリークというシリーズの住宅を見に、横浜(平沼橋)の住宅展示場に足を運びました。輸入木材を使用した木造建築の物件です。

住宅展示場内に2棟東急ホームズの展示があったのですが、コンセプトがかなり異なり、比較検討できて大変参考になりました。外壁や家の形などいわゆる輸入住宅で、とてもファンシーなものを選ぶことができて楽しいです。

シルバニアファミリーという幼児用のおもちゃがあるのですが、まさにその世界観を現実にしたような物件で、乙女心をくすぐります。実際、シルバニアファミリーとコラボレーションしているとのことでノベルティもたくさん準備されていました。

また、家具や壁紙はローラ・アシュレイを選ぶこともでき、別の展示場にはなりますが、ローラ・アシュレイ統一のお部屋も見ることができるとのことで、かなり内装についてもこだわりをもって相談できるハウスメーカーでした。

外観ばかりではなく、耐震についての説明や、全館空調の説明などもしっかりしていました。特に全館空調はお金がかかるイメージでしたが、場所を選んで空調を変えることもできるなど、エコであることも分かって良かったです。(東京都・30代女性)

●●戸建ての新築を考えて、いろいろな住宅メーカーの展示場を回っているときに、東急ホームズの展示場を見ました。わりと営業マンの感じがよく、あまり話し過ぎずにしっかりとこちらの話を聞いてくれました。その晩に家に資料を持って訪問してきましたが、断るとしつこくすることなく、すぐに帰っていきました。

いろいろなモデルがあるようですが、他の住宅メーカーと比べて、質素な感じの展示場が気に入りました。話を聞きましたが、他と比べると、少し坪単価は安いようです。ちょうど2月末ぐらいに話を聞きに行ったので、値引きもサービスをするということで、その後はとんとん拍子で話が進みました。

営業担当と設計担当は別の人でしたが、設計担当がとても丁寧に対応してくれ、感謝しています。(神奈川県・30代女性)

●●横浜みらとみらい駅の近くにある、横浜ホームコレクションにある東急ホームズのモデルハウスに行きました。東急ホームズが手がける輸入住宅プラン、ミルクリークの中のノーブルと呼ばれる、北米系住宅が建っています。

外壁はラップサイディングです。青みがかったグレーの外壁は、シンプルな色でありながら、フェミニンな印象もあり、今、流行のアンティーク調のインテリアにもしっくりくるようなデザインです。大きな切り妻屋根も目を惹くところです。

中に入ると、玄関は吹き抜け天井となっており、大きなシャンデリアが提がっています。その下には、木製の階段手すりがらせん状にぐるりと回された階段がありました。一階も二階も回遊式の間取りですが、一階は、吹き抜け階段と玄関から続くリビング・ダイニングやキッチンなどの各部屋に扉などの仕切りがありません。

とても開放的な雰囲気になっていますが、暑さや寒さ対策として、このハウスメーカーが売りにしている全館空調は、こういった間取りには必須の住宅設備なのではないかなと思いました。

二階はもちろん各部屋に扉がありますが、階段から二階の各部屋までは、全て絨毯仕様が標準です。湿気の多い日本の気候に合うかどうか、汚れの問題などを考慮すれば、フローリングのほうが好ましいように思えました。(千葉県・30代女性)

▲▲人によって色々なのかも知れませんが、お願いしていたことをなかなか期限通りにこなしてくれない担当者が多いです。引渡し後の不具合に関しても、対応が非常に遅く、何度もこちらから連絡をして催促しないと、なかなか動いてもらえません。

平日の昼間に何度もやってきて「不具合の原因がつかめない」と言い残して帰っていく担当者。こちらだって暇ではないので、いい加減にして欲しいです。あちらは仕事なので何度訪問しても良いでしょうが、こちらは自分の仕事を休まなくてはならなくなる分、職場にも迷惑がかかるし、貴重な有休もなくなってしまいます。

素人に「ここが原因なのでは?こうしてみたらどうですか?」などと言わせる彼らには、施主に対する自発的な問診が足りていないと思います。悪い人たちではないのですが、もっと頑張って欲しいです。(埼玉県・30代女性)

▲▲東急ホームズは、外観内装ともに素敵な北米系輸入住宅です。でも、我が家がマイホームを建てている間は、現場で様々なトラブルが発生し、本当に目の離せない現場でした。

現場監督が常時十数件の案件を同時に抱えていて、基礎を作るまでの最初の頃は頻繁に足を運んで現場を見てくれるものの、段々と現場にくる回数が減って、最終的には週二回程度になってゆきました。

現場はほぼ、職人さんに丸投げの状態で、施工ミスも多かったです。心配だったため、我々は第三者機関のチェックサービスを受けていて、こちらが撮影した現場写真を第三者機関の建築士に見てもらいました。自分たちもにわか仕込みながら建築基準法を勉強して、施工ミスを指摘、監督に連絡をして都度、補修工事を依頼しました。

監督はなかなか全ての現場の細かいところまで行き届くほどの余裕がないようでした。起きた問題について指摘をしても、あまり真摯に応えてくれない場合があり、仕方なく強い口調で伝えれば、クレーマー扱いを受けたこともあり、その点は非常に不愉快でした。(茨城県・30代女性)

注文住宅で失敗しないためには【家づくり計画書】が欠かせません!